華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

莉穂ちゃんのオムツおもらし

5時間目の授業開始から30分が過ぎた頃。

c442.jpg
ショワァァァァァアアァァア~~~・・・・・
パシャパシャパシャパシャパシャパシャ・・・

2年生の教室の一席から、女の子がおしっこをおもらしするとても恥ずかしい音が響き渡りました。

「あ・・・、あぅ・・」
席の主は、2年生おもらしコンビの一人、西谷莉穂ちゃんです。

「うわ・・、西谷さん、またぁ!?」
「先生ー、西谷さん今日もやりましたー」
「すげー、海だ海っ!!尿海ww」
「西谷おもらし警報発令ーww」
周りの生徒が騒いで、先生に報告します。

「またなのっ・・・もうっ!!西谷さん!!
何でトイレ行きたいですって言わないの!?
子供じゃないんだから・・・、その位言えるでしょ!!」
莉穂ちゃんの席までやって来た数学の先生は、
おしっこの池の上に座っている莉穂ちゃんに説教を始めました。

c443.jpg
「見なさい!!毎回毎回あなたはこんなに恥ずかしい水溜りを作っているのよ!!」
スカートびしょびしょの莉穂ちゃんを立たせると、
莉穂ちゃんの生み出した恥ずかしい水溜りを指さしました。

「ご・・・、ごめんな・・・さ・・・」

「せ・・せ、先生、そ・・その位で」
「このままじゃ風邪引いちゃいますから」
お冠な先生を制止したのは、莉穂ちゃんの親友である、小鹿ちゃんと香織ちゃんです。

「鹿ちゃん、莉穂ちゃんをお願い、私も掃除終わったらすぐ行くから」

「う・・、うん、それじゃ、保健室行こうか、莉穂ちゃん」
香織ちゃんの言葉に従って、小鹿ちゃんは莉穂ちゃんの手を繋いで保健室に行こうとしました。

「待ちなさい!!」
すると、そんな小鹿ちゃんを先生は呼び止めました。

「泉田さん!!他人事みたいな態度してるけど、あなたも先週やってるでしょ、おもらし!!」

「あ・・わ・・私別に・・他人事だ・・・な・・」

「先週に限らず、あなたも大概なんだからね!!その辺ー」
苛立ちを小鹿ちゃんにも向けた先生がクドクド説教を始めると・・。

「てめぇコラァ!!!」
下半身おしっこまみれの莉穂ちゃんが、先生に鋭い眼光を向けました。

「今、小鹿は関係ないだろ!!言うなら私だけにしろよ!!!」

「んぁ・・、に・・西谷さん、きょ・・教師に向かって何その態度・・・」

「先公だろうが何だろうが、小鹿を泣かせる奴は絶対に許さねーから!!あんま調子乗んじゃねぇっ!!」

「はぅっ・・・・・・」
莉穂ちゃんに完全にビビった先生は、何も言えなくなってしまいました。



「莉穂ちゃん、その・・・、さっきはありがとぅ」
保健室までの廊下を歩きながら、小鹿ちゃんは莉穂ちゃんにお礼を言いました。

「別にそんな、あいつが関係無い小鹿の事まで言うから・・・」

「でも、せ・・先生にあの言い方は良くないよ、私の事も、その・・・、間違ってはいない・・・し」

「何か夢中で・・、反省してるよ・・、うう、それよりパンツ気持ち悪い・・・(=_=;)」
濡れたスカートを握りしめながら莉穂ちゃんは言いました。



保健室につくと、そこには先程の先生以上にお冠な人物がいました。

「西谷さん、この前のブルマーの返却が済んでないのに、またおもらししたの!!」
保健室の神城先生です。

「ごめんなさい・・・」

「前も言ったと思うけど、あなただけが使ってる訳じゃないのよ。
鹿ちゃんはちゃんと返してくれてるのに、何であなたは出来ないの?」

「わ・・わかってはいるんだけど・・・、その・・・r(・_・;)」

「それは分かってるって言わないの!!まぁ良いわ・・、とにかく着替えちゃいなさい・・・」
先生に言われて、莉穂ちゃんは、小鹿ちゃんと途中から来た香織ちゃんに手伝って貰いながらお着替えをしました。

「西谷さん終わった?ちょっとこっち来て」
先生はお着替えを終え、下半身ブルマー姿の莉穂ちゃんを呼びます。

「あなたこの前、自前の布オムツで登校してきた事があったわよね。
明日はその格好で登校して来なさい。それが今回のお仕置きよ」

「ちょっ!!何よそれぇ(゚□゚;)」
先生の衝撃発言に、莉穂ちゃんはお土産袋を持つ右手の力を強めました。

「私だって好きで言ってるんじゃないのよ、あなたがしっかり返却しないのが悪いの」

「ううぅ、でもぉ」

「駄目よっ!!明日は朝来たら直ぐに保健室に来なさい、
ちゃんとオムツ当てて来てるかチェックします。
もし当ててなかったら、その場でスカート没収の上こっちで用意した紙オムツ当てて貰うからね。
自前の布オムツと丸見え紙オムツ、どっちが恥ずかしい?」

「・・・・」
どっちも恥ずかし過ぎて死にそうなんですけど・・・。
っと思いながら、莉穂ちゃんは、神城先生の事を恨めしく見つめました。

「莉穂ちゃん、仕方ないよ・・」
「1日、1日だけの辛抱だから・・・ね?」

「うう~・・・(・_・、)」
莉穂ちゃんは泣きべそをかきながら、2人に連れられて教室に戻りました。



翌日。

莉穂ちゃんは、小鹿ちゃん香織ちゃんと共に
約束通り保健室にやって来て、布オムツ姿を先生に見せました。

「ちゃんと当てて来たわよ!!これで良いんでしょ!!(*`へ´*)」
莉穂ちゃんは、顔を真っ赤にして不貞腐れた態度でスカートを捲り上げます。

「うん、確かに・・・アレ?西谷さん既に何回かおしっこしちゃった?
オムツ、なんだかプックリ膨らんでる気がするんだけど・・?」

「なっ!!」

c444.jpg
先生に言われた莉穂ちゃんは、手に持ったスカートを下に引っ張ってオムツを隠そうとしました。
・・まぁ、そんな事で隠れない程オムツは膨らんでいるのですが・・・。

「オムツ替えようか?」

「気のせいよ!!気のせい!!お母さん、馬鹿みたいにオムツ重ねるからそれで・・・」

「あらそう?それなら良いんだけど・・・」
まぁ、良いかっと言った様子で、先生はそれ以上言及しませんでした。

「・・・・」
実は先生の予想は当たっていました。
莉穂ちゃんは、昨晩おもらしした日の夜の約束として、布オムツで寝ました。
そして今朝、そのオムツの状態を継続したまま登校して来たのです。
オムツが膨らんでいるのは、夜のおねしょ(4連敗目)の分がそのままになっているから。
寝坊した莉穂ちゃんは、濡れたオムツを交換する暇が無かったのです。
なので、既に吸収量の限界が迫っていました。
1回の尿量が多い莉穂ちゃんでは、正直一度防げるかどうかも怪しいと言った所・・・。

(うう~私の馬鹿ぁ~、正直に話してオムツ替えて貰えば良かったのにぃ~~。
おねしょで既にオムツビチャビチャしてるし、超気持ち悪い~~~(≧≦))
朝のHR中、莉穂ちゃんは保健室での言動を後悔しました。
しかし、今更先生に正直に話すのも莉穂ちゃんのプライドが許しませんでした。
さりとてオムツを替えずに放課後までは、とてもじゃないけど持ちません。
莉穂ちゃんは考えました。

(このおねしょで濡れた分を授業中にしちゃった事にするにしても、
不自然に思われないように少し時間が欲しいわ、3時間目位までかな)
3時間目まではこのままで我慢して、
その後の休み時間に3時間目にしちゃったと言う事にして保健室でオムツを替えて貰う、
それが莉穂ちゃんの作戦でした。

(それ位までなら余裕でしょう、今おしっこ全然したくないし)
そしてその後、1時間目2時間目と無難に過ごした莉穂ちゃん。

ですが・・・。



ガタガタガタガタガタ・・・
モジモジ・・、ブルブル・・

3時間目の授業が始まって20分、莉穂ちゃんは落ち着きなく下半身を動かしていました。
おしっこが我慢できなくなって来たのです。

(はぁう・・・、嘘でしょ、何でこんな急激に・・・)
こんなハズは・・・と思いましたが、一つだけ思い当たる節がありました。

(まさか、濡れたオムツのせいで下半身が冷えて・・・)
外に漏れていないとは言え、オムツは既にビッショリ状態です。
春の陽気とは言え、それではすぐに体が冷えておしっこが近くなるのも当然でした。

(うう・・・、やばい、このままじゃ、おしっこ出ちゃう(>~<;))
オムツカバー越しに股間を抑えてみますが、オムツの重なりのせいで大した効果は得られませんでした。
それどころが、既に濡れているオムツからおしっこが絞り出されて、
肌に冷たいおしっこが伝わり余計に状態を悪化させて行きました。

(莉穂ちゃん??)
後ろの席に座る香織ちゃんが、莉穂ちゃんのおしっこ我慢に気が付きました。

(何で我慢なんか?オムツの中にしちゃえば良いのに・・・)
疑問に思った香織ちゃんは、先生にバレないように、莉穂ちゃんにLINEを送りました。

(・・ん?携帯、震えてる・・・)
莉穂ちゃんは我慢を続けながら、香織ちゃんからのLINEを確認しました。

『莉穂ちゃん、おしっこ我慢してるの?』

『オムツの中にしちゃいなよ、この授業終わったら保健室行ってオムツ替えて貰おう』

(私だってそうしたいのよー!!でもでも、このおしっこ出しちゃったら、確実に溢れちゃうよー!!(>◇<;))
オムツとは・・・、
そもそも外におしっこを出さないようにする為に当てている物なのに、それを溢れさせてもらすなんて、
普通のおもらしなんか比べ物にならない程の屈辱です。

(する訳にはいかない、絶対に・・・、絶対・・・に・・・・)
莉穂ちゃんの気持ちとは裏腹に、尿意の波は容赦なく莉穂ちゃんを責め立てます。

5分後・・・。

「あ・・あ・・・、やだぁ、うう・・・、ん・・・あっ・・・」
最早授業の内容は頭には入らず、ただただ必死におしっこの出口を抑えるのに必死です。

そして、3時間目開始から35分が経過した時・・・。

「うあっ・・・、だめぇ・・・、出ちゃっ!!!」
プシュウウウウウウ~~~~・・・・・
ジワジワジワジワジワ・・・・
莉穂ちゃんのおしっこが、既に濡れているオムツの中に再び吹き出しました。

「あっ・・・あっ・・・あっ・・・」
慌てて莉穂ちゃんは、何とか吹き出したおしっこを止めようと力を込めますが、
一度出始めたおしっこを止める事など出来るはずもありませんでした。
おもらしが始まって5秒程が経ちましたが、まだオムツから溢れてきてはいません。

(お願い、溢れないで!!お願い~~~!!!)
莉穂ちゃんはオムツの中におしっこを出し続けながら祈りました。
しかし、莉穂ちゃんの祈りも空しく、
暫くするとおしっこは可愛いオムツカバーを突き抜けて椅子の上に広がって行きました。

c445.jpg
パシャパシャパシャパシャパシャパシャ
椅子の上から溢れたおしっこは、床へと落ちて一気に広がって行きました。
その光景は、昨日の焼き回しと言っても良い程ほぼ同じでした。
違う事と言えば、莉穂ちゃんがスカートの中に身に着けている物ぐらいです。

「先生、西谷さんがー」
「え・・だって、オムツしてるのに??」
「溢れる程出したって事!?」
「オムツ無意味女www」
オムツ姿については見て見ぬフリをしていたクラスメイトでしたが、
オムツから溢れるおしっこを目の当たりにして、昨日のように騒ぎ始めました。

「あ・・・いやぁ、見ないで・・・(mm*)」
おしっこの池に中に座りながら、莉穂ちゃんは口元を押えて固まりました。

「り・・莉穂ちゃん・・・その・・・これは?」
「何でこんな?普通1回でこんな事にはならないよ???」
直ぐに莉穂ちゃんの元に駆けつけた2人も動揺を隠せませんでした。

「あ・・だって・・・、だって・・・、が・・・我慢できるとおも・・・」
2日続けてのおもらし、しかもオムツを溢れさせてしまうと言う大失態に、
莉穂ちゃんの羞恥心は限界を超えてしまい。

「う・・・うわぁああ~~~~ん!!!
うわぁあああぁぁぁ~~~~~ん!!!」
とうとうその場で、幼稚園児みたいに大声をあげて泣き出してしまいました。

「泣かないで莉穂ちゃん、大丈夫だから・・・。鹿ちゃん」

「うん、任せて・・・」
それから、昨日と同じように莉穂ちゃんは小鹿ちゃんに連れられて保健室に行きました。



「オムツしててどうしてこうなるの??」
保健室につくと、神城先生は、
スカートの後ろにオムツカバー、靴下をびっしょり濡らした莉穂ちゃんを見てびっくりしました。

「その・・私にもわからなくて・・・・」
保健室についても、未だに泣き続けている莉穂ちゃんは、とても話せる状態になく、
小鹿ちゃんも困り果ててしまいました。
教室の掃除を終えた香織ちゃんが保健室に来ても、変わらず莉穂ちゃんは泣き続けていました。

「・・・しょうがない、取りあえずお着替え済まそう・・・ね、りっちゃん」
「そうだね、おいで~りっちゃん、お姉ちゃん達がお着替えさせてあげるから・・・」
理由が聞きたいところではありますが、泣き止む様子が無いので、取りあえず先にお着替えを済ますことにしました。

「う・・ぐすっ・・・、うん・・・、ひっく・・・」

c446.jpg
「それじゃありっちゃん、そこにゴロンして~、はいオムツカバー開くよ~」
「びしょびしょだね~、でも大丈夫だよりっちゃん、今キレイキレイにしてあげるからね~」
小鹿ちゃん、香織ちゃんの2人は、
自然と『りっちゃん』と言う呼び名を使いながら莉穂ちゃんのお着替えを進めて行きました。

「それじゃあ、おパンツ穿こうね・・・、はい穿けました!!」
香織ちゃんは手際よく、莉穂ちゃんに新しいパンツを穿かせました。

「次はブルマ穿こうね・・・、はい上手~偉いよりっちゃん!!」
続いて小鹿ちゃんがブルマーを穿かせて、お着替えを済ませました。

正直な所、莉穂ちゃんにこれ以上パンツとブルマーを貸したくはなかった先生ですが、
懇願する2人に免じて特別に許してあげる事にしました。

お着替えを済ませてから暫くすると、莉穂ちゃんは泣き止みました。
そして、オムツを溢れさすに至った事の次第を話し始めました。

「・・・~~それで、我慢しようと思ったんだけど、
結局我慢しきれずに、おしっこをもらしてしまいました、ごめんなさいm(≧ ≦ )m」

「私の指摘した通りじゃない、何であの時素直に言わなかったの?
そうすれば、こんな事にならずに済んだのに・・・」
莉穂ちゃんの話を聞いた先生は、呆れた様子を見せました。

「だって・・・、なんか悔しかったんだもん・・・・(`∩´#)」
子供のような言い訳をする莉穂ちゃんに、先生は大きなため息を一つついてから言いました。

「だってじゃないでしょ全く・・・、このパンツとブルマーで本当に最後よ、
今日のを含めた3セット、もしまた返さない内におもらししたら、
問答無用でスカート没収の上、下は紙オムツ一丁で一日過ごして貰うわよ、良いわね!!」

「う・・・」

「返事は?」
先生の顔つきが変わりました。
これは本気の目です。

「はい・・・、わかりました・・・(-。-;)」

「よろしい、それじゃあ教室に戻りなさい」

その後、流石に紙オムツ一丁は嫌だと思った莉穂ちゃんは、
ブルマーと新品パンツの3セットを速やかに返却したそうです。



こんばんは。

リクエスト頂いていた、莉穂ちゃんのお話です。
今回はオムツおもらしがメインでしたが、オムツはオムツ感を出すのが難しいですね。
しかも莉穂ちゃんの自前のオムツ(誕生日プレゼント)は描くのが大変(^^;
誰だあんなデザインにしたのはww

文中ではオムツを溢れさすのは屈辱と書きましたが、
オムツを当てた事がある人ならわかると思いますが、結構溢れるものです。
横漏れだったり、座った時にお尻の圧で吸収してたおしっこが絞り出されたりで。
でも、今回は普通に使った上での事なので、莉穂ちゃんは屈辱だと思ってしまったみたいです。

今回はこんなところで・・・。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/16(日) 16:02:50|
  2. オムツ絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Happy Birthday 早穂ちゃん | ホーム | Happy Birthday 杏奈ちゃん>>

コメント

勢いの強いおもらし!

華湖さんこんにちは!
まさか莉穂ちゃんのおむつを貫通させて大海原を作らせるとは・・・流石華湖さん!

「おむつ無意味女」というワードが個人的にツボに入って悶えました!

強がりな恥じらう莉穂ちゃんも大好きですが、素直におねしょを報告出来ない、おむつをビショビショにして大泣きする、言い訳が非常に幼いといった【お子様りっちゃん】はもっと好きです!

今回はそんなお子様りっちゃんを全面的に押し出して下さってありがとうございます!言葉だけでは足りないぐらい感謝の気持ちでいっぱいです!(それは流石にキモいかな・・・(^^;)

小鹿ちゃんや香織ちゃんも無意識でりっちゃん呼び、そして手際よく着替えを手伝って、お姉ちゃんとして板についてきましたね!

あの小鹿ちゃんにまで幼児をあやすような言葉遣いにさせているのだからりっちゃんは本質から母性をくすぐってるんでしょうか?気になります♪

あと隣の娘と後ろの娘の反応の差に笑ったwww『ママ』と『りっちゃん』の時も温度差あったよね君達wwwwww

今回も素晴らしいお話を提供して頂けてとても嬉しかったです!来週の頑張る活力源にさせて貰います!ありがとうございました!
  1. 2017/04/16(日) 16:56:20 |
  2. URL |
  3. パンプキンプール #-
  4. [ 編集 ]

Re: 勢いの強いおもらし!

パンプキンプールさん、こんばんは。

> まさか莉穂ちゃんのおむつを貫通させて大海原を作らせるとは・・・流石華湖さん!

それ位のポテンシャルはあるかなぁと思いまして(笑)

> 「おむつ無意味女」というワードが個人的にツボに入って悶えました!

何か思いついてしまいました。
オムツ無意味って改めて見ると確かになんか凄いww

> 強がりな恥じらう莉穂ちゃんも大好きですが、素直におねしょを報告出来ない、おむつをビショビショにして大泣きする、言い訳が非常に幼いといった【お子様りっちゃん】はもっと好きです!
> 今回はそんなお子様りっちゃんを全面的に押し出して下さってありがとうございます!言葉だけでは足りないぐらい感謝の気持ちでいっぱいです!(それは流石にキモいかな・・・(^^;)

ありがとうございます。
喜んでもらえて嬉しいです。
強がって見せても、まだまだ高2の子供と言う幼さを出せたかなと思います。

> 小鹿ちゃんや香織ちゃんも無意識でりっちゃん呼び、そして手際よく着替えを手伝って、お姉ちゃんとして板についてきましたね!
> あの小鹿ちゃんにまで幼児をあやすような言葉遣いにさせているのだからりっちゃんは本質から母性をくすぐってるんでしょうか?気になります♪

小鹿ちゃんは元々家庭的な性格ですし、母性をくすぐられていると言うのはあるかもですね。
莉穂ちゃんは外面的には攻撃的ですが、内面は相当ひ弱ですから、
莉穂ちゃんよりは内面が強い小鹿ちゃんと、お互い助けあっていると言う感じですかね。
2年生では香織ちゃんがまとめ役になってしまったかな、なんか。

> あと隣の娘と後ろの娘の反応の差に笑ったwww『ママ』と『りっちゃん』の時も温度差あったよね君達wwwwww

後ろの娘は前回同様で行こうと思いました。
自分の机のとこまでおしっこが来ても動じない女子・・・立派です。
隣の娘は呆れてます。

> 今回も素晴らしいお話を提供して頂けてとても嬉しかったです!来週の頑張る活力源にさせて貰います!ありがとうございました!

こちらこそありがとうございました。
また次回、頑張ります。
  1. 2017/04/16(日) 18:32:56 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

最近莉穂ちゃんの出番がふえてますね。

今回もお疲れ様でした!
莉穂ちゃんのオムツイラスト最高ですね!

リクエストなのですが、我慢描写をもっと増やして欲しいです\(//∇//)\
やっぱり「必死の我慢」からの「屈辱のおもらし」ほど萌えるシーンはないと思ってますので!
  1. 2017/04/17(月) 14:44:44 |
  2. URL |
  3. 屈辱の湖 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 最近莉穂ちゃんの出番がふえてますね。

屈辱の湖さん、こんばんは。

> 莉穂ちゃんのオムツイラスト最高ですね!

ありがとうございます。
オムツカバーの質感がイマイチなのでもっと精進したいと思います。

> リクエストなのですが、我慢描写をもっと増やして欲しいです\(//∇//)\
> やっぱり「必死の我慢」からの「屈辱のおもらし」ほど萌えるシーンはないと思ってますので!

我慢描写については、
自分が、おもらししてからその後の着替えの部分の方が、我慢より萌えるタイプと言う事もあってか、苦手分野でして・・。
どうしても短くなりがちですね(^^;
なので増やすと言うのは難しいですが、リクエストと言う事ですので、近々我慢をメインに1作上げようと思います。
キャラやシチュなど要望があれば可能な限り反映しますのでよろしくお願いします。
  1. 2017/04/17(月) 21:58:11 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kakonoko.blog.fc2.com/tb.php/266-ebcb0707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)