華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

お泊り会~1年生編~(前編)

笙湖ちゃんがおねしょと1日2回の学校おもらしをしてしまった日から、数日がたったある日の昼休み。
1年生グループの5人が集まってお昼ご飯を食べていると、彗ちゃんが笙湖ちゃんの方を向いて言いました。

「ねぇ笙湖ちゃん、私達みんなで集まってお泊り会しない?今週の金曜日から土曜にかけて?」

「えぇっ!!い・・・いきなりどうしたのぉ!?」
笙湖ちゃんは驚いて、手に持ったサンドイッチを落としそうになりました。

「沢山おしゃべりとかして元気出して貰おうかなーって思って、最近笙湖ちゃん沈んでるからさー」
『お泊り会』、これが元気の無い笙湖ちゃんを励ますべく思いついた彗ちゃんの計画でした。
事前にその計画を聞いた杏奈ちゃん、風ちゃん、園ちゃんの3人は、快く同意しました。

・・・いえ。

実はその中に一人、心中穏やかでない人物がいます。
その人については後程詳しく(笑)

「え・・・と、楽しそうだけど・・・、でも私、おもらししちゃうかもしれないし・・、お・・おねしょも・・」
笙湖ちゃんが、ぼそぼそとした口調で言いました。

「それは私も同じだから心配いらないよー、大丈夫、大丈夫ー!!」
彗ちゃんが胸を張ってそう言うのを聞いた笙湖ちゃんは、

「彗ちゃんがそう言ってくれるなら・・・、良いよ、・・・迷惑かけるかもだけど・・・」
っと言って計画に同意しました。

「やったー決まりだねーお泊り会ー、わーい楽しみー!!」
彗ちゃんは、いきなり立つと飛び跳ねて喜びました。

「彗うるさいっ!!食事中でしょ!!」
杏奈ちゃんに注意されて、彗ちゃんは座り直しました。

「だって杏奈ちゃん、お泊り会なんだよー!!外では沢山遊んだけど、誰かの家に5人で集まるのって今迄一度も無い事だよー」

「そりゃ、あんたと笙湖がおもらしするからよ、
でも今回はあんたの家でしょ、あんたが自分の家でする分には別にね・・・。
さっき言ってたけど、仮に笙湖がしちゃっても大丈夫なんでしょ?」

「え・・?私の家は無理だよー」

「何よそれ!!私、あんたの家でやるものだとばっかり・・」
杏奈ちゃんが呆れたような口調で彗ちゃんに言いました。

「皆もそうよね?」

「う・・うん・・・」
他の3人も、てっきり言い出しっぺの彗ちゃんが自分の家に皆を呼ぶものだとばかり思っていました。

「だって私の家狭いし小さいし・・、流石に4人も呼べないよー」

「じゃああんた、一体誰の家でやろうと思ってたの?」

「そりゃあ、杏奈ちゃん家でしょー!!アレだけの広さがあれば問題無いしー、
4Kテレビ置いて有るしーお風呂も立派だしー、おもらししちゃっても安心安全ー」

「おもらしする事を前提に考えるなー!!冗談じゃないわ、お断りよ!!」
杏奈ちゃんは、両手で×の形を作ると全力で断りました。

「えー、いけずー」

「私は笙湖の事は守るって決めてるから、笙湖のおもらしには責任持つけど、
悪いけど、あんたは別よ、どうしても私の家でやるって言うなら、家にいる間は、あんたにはオムツをつ・・・」
「じゃあいいや、風ちゃん家はー?」
杏奈ちゃんに早々に見切りをつけた(笑)彗ちゃんは、風ちゃんに尋ねました。

「ちょっと難しいかな~。私、妹と部屋共有だし・・・、それに親も帰りが遅いし、あんまり夜騒ぐのは・・・」
風ちゃんは、難色を示しました。
彗ちゃんは続いて、園ちゃんにも尋ねましたが、

「ウチもちょっと4人は・・・、お姉ちゃんもいるし・・」
園ちゃんも難しいと答えました・・・。
困った表情を浮かべた彗ちゃんは、最後に笙湖ちゃんに尋ねました。

「え・・ウチ・・・?べ・・別に良い・・けど・・・・」

「本当っ!?やったー!!」
かくして、1年生5人のお泊り会は笙湖ちゃんの家で行われる事になりました。

(お泊り・・・・、お泊りかぁ・・・、大丈夫・・・かな・・・)
皆が楽しそうにしている中・・、不安な表情をしている人が一人・・。

それは・・・・。



お泊り会前日の木曜日の夕方。

「良波(らな)ー、あんた友達の家に泊まるとか・・・、大丈夫なの?」
夕飯の席で、園ちゃんは、明日のお泊り会について家族に話しました。
両親は、「迷惑をかけないようにね」と言っておしまいでしたが、
園ちゃんのお姉ちゃんは、ある事が気がかりで、夕飯後、廊下で園ちゃんに声をかけました。

c363.jpg
「大丈夫って・・・、な・・・何が」

「最近、ようやく家ではしなくなったけど、よそ行くとやってるじゃない・・・」

「・・・・っ!!」
園ちゃんは、お姉ちゃんの言葉にドキッとしました。
まさか・・・見透かされてる・・・・!?

「おねしょ」
その言葉に、園ちゃんは顔を真っ赤にしました。

「はぁっ!!何言ってんのっ!!よそでしちゃったのなんて、小6の修学旅行が最後だしっ!この年になってする訳・・・」

「ハイそれ嘘・・・、あんた先月、部活の夏合宿でしたでしょ、おねしょ」

「え・・、何っ!!誰にも言ってな・・・、ハッ!!!」
思わず口を滑らせてしまった園ちゃんは、慌てて口を塞ぎました。

「帰って来た時、良波の顔見て直ぐに分かったわよ、お風呂でこっそりとパジャマとパンツ水洗いしてるのも丸わかりだったし」

「そんな事まで・・・」
誤魔化し切ったと思っていた園ちゃんは、バレバレだった事がわかって、悔しくて涙が出て来ました。

「何泣いてるのよ・・・、良波が私を騙すなんて10年早いわよ」

おもらしっ娘としては、彗ちゃん、風ちゃんよりも早く卒業を果たした園ちゃんですが。
逆におねしょっ娘としては、中2の途中まで不安があり、一番卒業が遅れました。
いえ、厳密に言えば、おねしょはまだ卒業していないのです。
それと言うのも、自分の家の自分の布団で寝る分には、まずしないのですが。
よその家等、環境が変わると未だにしてしまうからです。

中学の修学旅行では、早い段階で担任の先生と保健の先生におねしょの不安を相談して、
当日は、夜に起こして貰う対策で、どうにかおねしょをせずに乗り切る事が出来ました。
園ちゃん以外にも数人、同じように起こして貰ってトイレに行っていた生徒がいて、園ちゃんは少しホッとしました。
でも、その人達とはその後、卒業までずっと気まずい雰囲気で、まともに会話をする事が出来ませんでした。
その時の人たちは、皆違う高校に行ってしまいましたが、今でもおねしょをしているのでしょうか・・・。

中3に上がってからは、おねしょを一切しなくなったので、園ちゃんはもう完全に治ったと思いました。
なので、夏合宿の時は誰にも相談せず、園ちゃん自身も絶対大丈夫と自信を持って挑みました。
でも、残念ながら、パンツとパジャマ、お布団をおしっこで濡らしてしまいました。
ただ、万が一に備えて、就寝前の水分補給を控え、寝る直前にトイレに行っていた事もあって、
おねしょの規模そのものは小さく、他の部員や先生にバレる事はありませんでした。

「対策をとったとは言え、中学の修学旅行は失敗しなかったから、
合宿は様子見てたんだけど・・・、あんた結局治ってないじゃない・・・。
だから、今回は忠告してあげてるのよ。
友達の家でやらかして、迷惑かけないようにね」

「・・・・・」

「今からでも遅くないから、話しておいた方が良いんじゃないの?
馬鹿にするような子はいないんでしょ?」

「馬鹿になんて!!皆がそんな事する訳ないじゃん!!」
園ちゃんは語気を強めて言いました。

「なら迷う事ないじゃない、何も言わずにやらかして、恥かくのは良波だよ」

「うるさいなっ!!お姉ちゃんには関係ないでしょっ!!!」
大声を上げて怒鳴ると、お姉ちゃんは「あっそ」と言って踵を返しました。

「じゃあもう何も言わない、後で泣きついて来たって知らないから」

「お姉ちゃんなんかに泣きついたりしませんよーだっ!!」
園ちゃんは捨て台詞を吐くと、自室に駆け込みました。

(何よっ!!お姉ちゃんの馬鹿っ!!)
ベットに倒れ込むと、心の中でお姉ちゃんを罵倒しました。

修学旅行でのおねしょ対策は、担任の先生と保健の先生以外には話してないので、彗ちゃん、風ちゃんはその事実を知りません。
夏合宿のおねしょも、今日、こうしてお姉ちゃんに言われなければ、自分以外知るものはいないと思っていました。
つまり、彗ちゃんも、風ちゃんも、園ちゃんがおねしょをしたのを見たのは、小6の修学旅行が最後です。(一緒にやらかしながらw)
なので園ちゃんは、自分が未だにおねしょの不安を抱いているとは、流石にもう2人とも思っていないだろうと考えていました。

(よその家だとおねしょしちゃうかも・・・だなんて・・・、今更言える訳ないじゃない・・)
今迄散々、『あの時の自分は最早黒歴史』『もうあんな失態はあり得ない』等と、
笙湖ちゃんや彗ちゃんの前で言った来た手前、今更未だにおねしょするかも・・なんて格好悪くて言える訳がありませんでした。

(寝る前にこっそりオムツ付けて・・・、って、もしバレたら!?って言うか、そもそもオムツなんて・・彗ちゃんじゃないけど絶対嫌っ!!)
一瞬オムツも浮かびましたが、現役おもらしっ娘の2人ですらつけていない物をつけるのは、やっぱり抵抗がありました。
もう子供だって産める大人の体だと言うのに、その自分が赤ちゃんのようにオムツを当てるだなんて・・。
一人前の女としてのプライドがオムツを拒否しました。

(乗り切るしかない!!ええっ!!乗り切ってやるわっ!!おねしょなんて気持ち次第だわ、普段はしないんだし・・)
悩んだ末に園ちゃんは、誰にも言わず対策も講じず、気持ちでおねしょを抑え込む事に決めました。

(まぁ、何はともあれ、折角みんなで集まるんだから、楽しまないとね)
不安を抱えたまま、園ちゃんは、お泊り会当日を迎える事になりました。

果たして、無事に乗り切る事は出来るのでしょうか・・・?

(続く)


こんばんは。
今回は、当ブログで本格的に扱うのは初めて(だと思う・・)な、お泊りネタです。
そして、園ちゃんメイン回と言う、これも当ブログ初の試みで、初物ずくしですww
今迄、目立った活躍も無く、モブスレスレの様な存在だった園ちゃんですが、
意外な秘密と共にメイン回を勝ち取りましたよ(笑)
今回は、序章の様な感じになってしまいましたが、次回は、お泊り会がスタートします。
ご期待ください。

今回は挿絵が寂しい事になってしまったので、pixivに上げた自前絵2点を、pixivより画像大き目で上げます。
宜しければ見て下さい。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。



cor035m.jpg


cor023m.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/09/28(水) 17:56:45|
  2. 長編ストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お泊り会~1年生編~(中編) | ホーム | 笙湖ちゃんの散(3)々な1日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kakonoko.blog.fc2.com/tb.php/239-25cf1312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)