華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

夏だ!プールだ!!おもらしだ!!!

夏本番!!

笙湖ちゃん達が通う学校では、いよいよプールの授業が始まりました。
さてさて・・・、プールでのおもらしっ娘達のトイレ事情は如何に・・・。



1年生編

c335.jpg
「あぁっ・・んっ!!」

プシャァアアァァァアアア~~~~~・・・・・

「キャッ!!百雲(もぐも)さん!!」

「お~~~・・!!おしっこ出た~~~っ!!」

パチャパチャパチャパチャパチャパチャ・・・

「あっ・・嫌っ!!見ないでください・・、見ないで・・」
急いでトイレに向かおうとしていたれい子ちゃんですが、
プールから出た途端に限界が訪れてしまい、プールサイドで立ったままおしっこをもらしてしまいました。


「・・・ふぅ~・・・ちゃった」
皆が、立ったまま盛大におもらしをしているれい子ちゃんに注目している中。
一人だけ違う方を向いて、ぽーっとした表情を浮かべている人物が一人。
おもらしクイーンこと、彗ちゃんです(笑)

「・・・なんか、生温かい水が来てる気が・・・、まさか・・!?」

「・・・・・・」

れい子ちゃんのおもらしをきっかけに、一旦休憩時間になりました。



c336.jpg
「小堂さん・・、あなたさっきプールの中でおしっこしたでしょ」
公恵ちゃんが、プールから上がった彗ちゃんを捕まえて言います。

「あー、公恵ちゃんだー!!元気ー?」

「・・・質問に答えて下さい、おしっこしましたよね?」
公恵ちゃんの眉間の皺が凄い事になっています(笑)

「百雲さんがプールサイドでおもらししてるのと同じタイミングで・・・。
上手く誤魔化したつもりかもしれませんが、そんな事で私を欺く事は出来ません」

「そうなの?彗ちゃん?」
風ちゃんが尋ねると、彗ちゃんはそっぽを向きました。

「なんの事やらー、私にはさっぱりー」

「そうですか、また私を本気で怒らせたいみたいですね」
公恵ちゃんの眼光がどんどん鋭くなって行きます。

「相変わらず恐いなー、公恵ちゃんはー・・」

「あなたは私の友達でも何でもありません。下の名前で呼ぶの、やめて下さい」

「あの・・武石さん、後は私達が話聞いておくから・・」
不穏な空気を察した風ちゃんが慌てて2人の間に割って入りました。


「ひゃん!!冷た・・です・・、ごめんなさい・・」

「逃げちゃ駄目!!ちゃんと流すのよ!!おしっこ!!」
おもらしをしてしまったれい子ちゃんは、
体育の先生に、ホースの冷たい水を下半身にかけられていました。

そんなれい子ちゃんの横を、笙湖ちゃんと杏奈ちゃんが通り過ぎました。

「ほら笙湖!!急いでトイレに行くわよ」

「杏奈ちゃん待って・・、プールサイド、水で滑りそうで・・、そんなに急がなくても大丈夫だよぅ」
杏奈ちゃんの後を追う笙湖ちゃん。
言葉とは裏腹に、時たまさりげなく股間に手を持っていっています。
結構やばい感じみたいです。

「何悠長な事言ってるのよ、ああなりたいの?」
そう言って杏奈ちゃんは、通り過ぎたれい子ちゃんの方を向きます。
れい子ちゃんは、今度はお尻をホースの水で洗われていました。

「うぅ・・、アレはもうやだよぅ・・。冷たいし、恥ずかしいし・・・」

「だったらほらっ、急ぐ!!」
杏奈ちゃんに促された笙湖ちゃんは、早歩きでプールに備え付けられた女子トイレの中に入りました。



(ふぃい~、まずい、早くしないと出ちゃうよぅ~)
トイレの個室に入った笙湖ちゃんは、急いで水着を脱ごうとしました。
でも、濡れた水着は脱ぎにくく悪戦苦闘、思わず意識を水着を脱ぐ事に集中し過ぎてしまいました。

その結果・・・。

c337.jpg
「・・・あっ」
水着を着たままの状態で、おしっこが出て来てしまいました。

ショロショロショロ・・・

(おしっこ出ちゃった・・・・。う~ん、でも、まぁ・・良いかぁ)
どうせ水着だしね、っと言う軽い気持ちで、笙湖ちゃんは、そのままおしっこを出しきってしまいました。
太ももを流れるおしっこをティッシュで拭き取ると、何食わぬ顔でトイレから出ました。

「笙湖、あんた水着脱がずにおしっこしたでしょ!」
トイレの入り口で待っていた杏奈ちゃんは腕組みしながら言いました。

「えぇっ・・!?何でわかるの!!やっぱり杏奈ちゃんは超能力者・・っ」

「やっぱりそうなのね・・。はぁ・・全くもう・・」
杏奈ちゃんはため息をつきました。

「へ・・?まさか、杏奈ちゃん、かまかけてたの・・!?、ひ・・酷いよぅ~・・」

・・・で



c338.jpg
「冷たいぃ~・・、そのまましちゃってごめんなさい~・・」

「中でしちゃった私はコレする必要ないんじゃ・・、な・・なんでもないよ公恵ち・・た・・武本さん」
「武石です」

「・・やれやれ」



2年生編

c339.jpg
それぞれの事情で見学となった2人。
人見知りな2人は、特に会話する事も無く、淡々と同級生の泳ぐ姿を眺めていました。
ですが暫くすると、小鹿ちゃんの様子が徐々におかしくなって来ました。
おしっこがしたくなって来てしまったのです。

「休憩時間・・まだぁ・・」
引っ込み思案で臆病な小鹿ちゃんは、見学者とは言え、勝手にトイレに行く勇気が持てませんでした。
莉穂ちゃんか香織ちゃんが傍にいればまだしも、今の小鹿ちゃんには休憩時間まで我慢する以外、選択肢がありませんでした。

「えっと、だ・・大丈夫?」
隣に座る女生徒(おねしょ姉)も気が付いて、心配しました。
でも・・、残念ながら、小鹿ちゃんの我慢は休憩時間まで持ちませんでした。

c340.jpg
シュウウウウウウウウウウウウウゥゥ~
小鹿ちゃんの股間から飛び出したおしっこは、パンツは勿論、体操服の広範囲をびっしょり濡らし、
椅子と椅子の下に広大な黄色い水溜りを作り出しました。

「う・・うぇ・・うえぇえ~~~ん・・・」
小鹿ちゃんは、その場で泣き出してしまいました。

「あ・・えっと・・ど・・どうしよう・・、どうしよう・・。お・・弟に・・弟に連絡を・・・」
隣の女生徒も戸惑うばかりでしたが、直ぐに先生が気づいてやって来ました。

「あらあら、やっちゃったのね。丁度良いわ、あなた保健室まで連れて行ってあげて」
先生は、女生徒(おねしょ姉)にそう言いました。

「えっ!!わ・・私ですか・・・!!」

「中山さんをわざわざ着替え直させるのは気の毒でしょ、だから・・お願いね!!」
そう言うと先生は行ってしまいました。

(え~・・、参ったなぁ・・・)
戸惑いを隠せない女生徒でしたが、下を向いて泣き続ける小鹿ちゃんを見て、覚悟を決めました。

「い・・泉田さん・・だったよね?あ・・あの、えっと・・、保健室・・い・・行こうか?」



ピッ・・・

バシャーン!!

ピッ・・・

バシャーン!!

c341.jpg
プールでは、プールの端から端まで(25m)を、一人4本泳ぐ授業が行われていました。
1コース毎に約6~7人、一人泳ぎ切る毎に次の人が泳ぐのでは無くて、10秒毎に次の人が泳ぎ始める形式です。

(さっきは途中で足ついちゃったから、次は最後までしっかり泳ぎきるぞー!!)
ビート版を片手に気合を込める香織ちゃんの前には、2本目をスタートしようとしている莉穂ちゃんが立っていました。

そんな莉穂ちゃんには、実は今大問題が起こっていたのです。

(おしっこしたい・・、おしっこ・・、小鹿がおもらししたって聞いて慌ててたら、トイレ行き忘れるなんて・・・)
太ももを小刻みに震わせて何とか我慢しますが、本当ならもう手で股間をギュッと握りたいくらいでした。

(ああ・・もう限界、コレ泳いだらトイレにダッシュ・・)
あれこれ考えている内にスタートの笛が鳴ってしまいました。

ピッ・・・

バシャーン!!

(う・・・、うう・・)
泳ぎながら限界ギリギリの尿意に耐えるのは、簡単な事ではありません。
10メートルを過ぎたあたりで、限界を迎えてしまいました。

もわぁああああ・・・

c342.jpg
(香織・・・、ごめーーーん(*> <*))



3年生編(おまけ)

c343.jpg
「神前さん、・・・・したくなっちゃったら遠慮しないでしちゃって良いから」
(って言うかして!!水着おもらし!!リアルで他人のが見たいのよ!!自分のじゃなくて!!!)

「ほ・・宝蔵院さん?!・・して良いって・・い・・一体何の事、それよりも、ち・・近い、近いから・・」
(間違いない・・、やっぱりこの人そういう方向の人だ・・・。やばい、やばい、やばい、やばい!!!)

(・・・宝蔵院さんと入れ替わりたい・・・)



こんばんは。

夏と言う事で、プールの話をお送りしました。
去年はやってないので(確かw)、2年振りなのですが、
2年前に比べるとキャラも増えて賑やかさが増した気がします。
来年以降はもっと賑やかになれば良いな・・と思います。

本編が長いですし、今回はこの位で。

次回は、リクエスト絵です。
取りあえず、まずはコミPo!!で作ろうと思います。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。

キョウイチロウさん、お世話になってます。
感想を頂きありがとうございます!もっと頑張ります。
新たに始まった長編、読ませて頂きました。
第2話も楽しみにしてます。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/07(日) 20:15:09|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<トイレ待ちの列で、耐えきれず。 | ホーム | 彗ちゃんと、隣の席の鈴木君(後編)>>

コメント

華湖さんこんにちわ。
夏のプールでおもらしする娘が増えてきて、皆成長したんだなあって感じました。皆違って皆いいですね!来年以降も新しいおもらしっ娘が芽を出すことを楽しみに待ってます!
  1. 2016/08/08(月) 12:46:50 |
  2. URL |
  3. パンプキンガム #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

パンプキンガムさん、こんばんは。

> 夏のプールでおもらしする娘が増えてきて、皆成長したんだなあって感じました。皆違って皆いいですね!来年以降も新しいおもらしっ娘が芽を出すことを楽しみに待ってます!
今の時期じゃないとしっくり来ないシチュですけど、かと言って連続でもつまらないので、1回にまとめて皆出してみました。
そうしてやってみると、なんか人数増えてました。
成長と言う意味では、やはり莉穂ちゃんになりますね。次は誰かな・・?
ぐるぐる設定なので、来年以降も同じメンツだと思いますが、人数増えてると良いなぁ・・。
自分でもその時になってみないと分かりません。
  1. 2016/08/08(月) 18:02:54 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

夏らしい絵

すごく夏らしいくていいですね
どんどん新キャラが増えていくので見ていてとても満足です
宝蔵院さんはだんだん自分でするよりも見る方が楽しくなってるみたいw
宝蔵院さんがオムツはいて学校にいく話みたいですね…
  1. 2016/08/12(金) 15:06:01 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: 夏らしい絵

コメントありがとうございます。

> すごく夏らしいくていいですね
夏と言えば水着シチュですね。
去年はやってないのでちょっと新鮮でした。

> 宝蔵院さんはだんだん自分でするよりも見る方が楽しくなってるみたいw
> 宝蔵院さんがオムツはいて学校にいく話みたいですね…
オムツ登校、授業中おもらしの良い予行練習になりそうです。
でも、意外と度胸が無いので、果たして平静を装えるのかどうかが見ものかも。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
  1. 2016/08/12(金) 20:01:44 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kakonoko.blog.fc2.com/tb.php/233-78810df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)