華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

陸橋

「はぁ・・・はぁ・・・、んぅ・・、も・・・もう・・だ・・・め・・・」

「頑張って!!もうちょっと。ほら、この階段下りたらコンビニ直ぐそこだから・・・」

友達の子に励まされ、必死に限界寸前の尿意に耐えて、道路の向かいにあるコンビニを目指して、陸橋を上がった少女。
下りの階段に差し掛かった時には、本当に我慢の限界に達していました。

「あ・・あっ・・あっ・・出ちゃう出ちゃ・・もう駄目、このままじゃもらしちゃうっ!!」

(もう絶対に間に合わない・・・・おもらしするくらいなら、ここの隅っこで・・・・・)
そんなとんでもない事を真剣に考え始めて、覚悟を決めた様な顔で陸橋の隅っこをチラッと見た少女・・・。

友達の子が、直ぐに勘付き

「ちょっと、何考えてるの!?コンビニ直ぐそこだよ!!それ位我慢できるでしょ!?」
っと慌てて止めに入ります。

「出来ない!ほんとに出ちゃう!!」
少女は隅っこに向かって、スカートの中に手を入れようとしました。

「駄目だってば!!ほら!!降りるよ!!」

グイッ!!
友達の子がそんな少女の手を掴むと、強引に、階段を下り始めました。

「あっ!!!やめて!!やめて!!」

「あ・・・あ・・・ああっ!!!」
少女の我慢は、階段を半分降りる所までしか持ちませんでした。

c227.jpg
シャアアアアアアアアアアアアーーーーー・・・・

パシャパシャパシャパシャ・・・・・

少女のおしっこは、階段を下り、何段にも渡ったって水流を作りだして行きました。
また、立ったまま勢いよく飛び出したおしっこは、広範囲に飛び散り、
その一部は、友達の子のカバンや制服に当たり、小さな染みを幾つも作り出して行きました。

「ぐすっ・・、だから・・・・、出ちゃうって・・・ぐすっ・・・言ったのにぃ・・・・・」

少女はその場にしゃがみ込み、声を上げて泣きだしてしまいました。

「ごめん・・、ごめんね」
友達の子は、そんな少女の頭を撫でて、慰める事しか出来ませんでした。



こんばんは。
予定してた、莉穂ちゃんのお話は、ちょっと持越しです。(すみません)
今回は陸橋と言うか階段ですね。階段でのおもらしは、また普通の地面と違った魅力がありますね。
おしっこが階段の側面を流れて行くので、より広範囲におしっこの被害が広がる事ですね。
その分多くの人におしっこの水溜りを見られてしまう可能性が広がるので、恥ずかしさ倍増と言う気がします。
坂とかも同じ事が言えるかな。

同じ立ちおもらしでも、場所が変われば水溜りも変わる。

やっぱりおもらしは、奥が深い(笑)

えっと、ここからはお知らせです。

pixivの方にも作品の投稿を始めました。

http://www.pixiv.net/member.php?id=15964664

これは何と言いますか、当ブログに不測の事態が起きた場合の、避難所的な目的が主です。
なので投稿と言っても、当ブログの過去作なので、取り敢えず、こちらをご覧頂いていれば特に見る必要はありません。
ですが、こちらで何か問題がおきた場合、pixiv上で何かお知らせを上げようと考えているので。
もし宜しければご活用頂ければと思います。
リンクにも追加しておきました。
また、今は無き、おもらし特区のリンクを外しました(涙)

後は、ひょっとしたら、キャラクター補完の意味を込めて、
レギュラー陣達の、非おもらしストーリーをpixivのみであげる可能性はあります。
おもらしが全く絡まないストーリーは、ブログの趣旨にそぐわないので、こちらでは載せません。
完全に趣味として描くものです。でも一応その際、お知らせは上げます(全くの未定ですが・・)

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。

小っちゃい子に見られる、それも良かったかも知れませんね。
次回以降考えます。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/24(火) 00:56:51|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<告白 | ホーム | 休日のデパートにて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kakonoko.blog.fc2.com/tb.php/183-6d76c158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)