華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

おもらしに厳し過ぎる女子高(早穂ちゃんの妄想わざおも)

私の通う高校は、都内某所に存在する女子高です。

高い進学率を誇り、現役東大合格率は都内でも指折り、部活動も盛んで、多くの部が全国クラスの大会の常連です。
そんなエリート校ですから、勉強や部活について行くのは結構大変です。
毎年、1割強の生徒が学校を途中で辞めて去って行きます。

ところが、退学者の退学理由の内訳を見てみると、勉強、部活について行けないのが原因で辞めるのは、全体の3割程なのです。
残りの7割と言うのは・・・・、

信じられないかも知れませんが、

校内での、『おもらし』が理由なのです。



私の通う女子高は、比較的最近建てられた新しい学校なのですが、
建設の際、デザイン上のミスで、トイレの絶対数がとても少なくなってしまったのです。
その数1フロア(8クラスある各学年に)にたったの2つ!!
その為、休み時間は常にトイレ待ちの列が出来ています。

たった10分の休みでは、トイレを済ませられる人数は限られます、
遅刻を覚悟で済ませば・・と思うかも知れませんが、ウチの学校の規則は厳しく、1分でも遅れればその授業は欠席扱いになります。
なので皆、我慢する事を選びます。
更に、勉強に力を入れているウチの高校の授業は、通常の高校の50分授業よりも20分長い70分授業です。
また、如何なる理由があろうと、途中退出すれば、それも欠席扱いになってしまいます。
元からおしっこの我慢が得意では無い女の子にとって、この状況は余りにも厳し過ぎるものがあります。

先週も、部活の友達が失敗して・・そして辞めて行きました。

そしていよいよ・・・今日は私の番になってしまいました・・・。



「先生、おトイレ行かせて下さい、お願いします」
授業中、私は恥を忍んで先生にそう告げました。
現在3時間目。
1時間目、2時間目の休み時間と、連続でトイレを済ませられなかった私は、もう限界ギリギリでした。

「・・・構いませんが、この授業は欠席扱いとしますが、良いですね?」
「はい」
本当にどうしようもない時は、欠席扱いになろうが、おもらしするよりは遥かにマシとして、授業中にトイレに向かう者も少なくはありません。
私も、おもらしするよりはマシと思って許しを貰い、椅子から立ち上がったのですが・・・・。

ゾワゾワゾワ!!!

「あ・・ああっ!!!だめぇ!!だめぇ~~~~っ!!!!!」


ぷしゃ~ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁあああああっ~~~・・・・
立った瞬間に、膀胱からの強烈な圧力に屈して、朝からトイレに行けずに溜まりに溜まったおしっこが、一気に外に出てしまいました。

「いやぁ・・・、みんな・・見ちゃいやぁ・・・」
教室は一瞬、静寂に包まれましたが、直ぐに、溜息混じりに先生が近づいて来て言いました。

「宝蔵院さん、何ですかコレは!!高校3年生にもなった女の子がみっともない!!」

「・・・すみません」

「早穂ぉ~・・、またおもらしぃ~・・・、本当恥ずかしい子だね・・・クスクス・・」
先生の横では、中学の制服を着た理恵ちゃんが、私のみっともないおもらし姿をまじまじと見て、クスクスと笑って見下していました。

「早くその床のおしっこを拭いて、保健室で着替えて来なさい!!こんなしょうもない事で授業がストップして、皆迷惑してるんですよ!!!」

「・・・すみません」
私は、おしっこでびっしょり濡れたスカートを握りしめて・・ただ、謝る事しか出来ません・・・。

「クスクス・・、早穂ったら・・・高校生3年生にもなっておもらしして、先生に怒られてやんの・・・、ププッ・・良い気味~っ」

泣きながら床を拭いた後、逃げるように保健室に向かうと、私の格好を見た保健の先生は、心底めんどくさそうな顔をして、

「新聞紙あそこに敷いて・・・、タオルとか着替えはそこの棚、着替えたら早く戻りなさいよ、あっ・・着替え一式はそのままあげるから返却不要、来月分の授業料から天引きされるから・・・、以上」
と事務的に話すと、直ぐに机に向かって、その後は振り向いてもくれませんでした。

「おもらしなんてみっともない事、高校生になってまでする子の相手なんか、誰もしたくないんだよ・・・クスクス・・」
一人保健室の隅っこでお着替えをしている最中、ずっと横で理恵ちゃんが私に悪態をついていました。



お着替えを終えて、教室に戻ると、おもらしっ娘には更なる酷い仕打ちが待っています。

先生は戻って来た私に、「おもらし」と書かれた札を制服に着けました。
そして、教室の一番前に立っていなさいと言いました。左手にはお土産袋を手に持っていましたけど、勿論そのままでです。

「ねぇねぇ早穂・・皆見てるよ、上はちゃんと制服なのに、下だけブルマって・・・、おもらししたのバレバレな、はっずかしい格好した早穂の姿を・・クスクス・・・」

c214.jpg
ウチの学校では、おもらしをした場合、2度とそんな恥ずかしい事をしないようにと言う躾の意味で、
おもらし札&下半身ブルマ&お土産袋所持と言う格好で、放課後まで教室の前で立たされるのが決まりになっていました。
無論、その間の授業は欠席扱いです。
尚このお仕置きは、休み時間であろうと、その場を動く事を許されない為、途中貧血で倒れる娘も少なくはありません・・・。
っが、貧血ならまだましな方です、午前の授業中等、余りに早いタイミングでおもらしをしてしまうと、もっと最悪な事態になる事があります。

それは・・・・。

c215.jpg
「先生ぇ~、宝蔵院さんがやっぱり2度目・・、しちゃいましたぁ~」

そうです、2度目のおもらしです。
生き物である以上、トイレは1日に何度も行くもの・・、なのに動いてはいけないとされてしまっては、
再度おもらしをしてしまってもおかしくはありません・・・。
実際、おもらしで辞めて行った子の、実に3割がこの2度目のおもらしをしてしまっているのです。

「早穂ったら、またしたの!!どんだけおもらしすれば気が済むのよ!?・・クスクス・・」

「ごめん・・・理恵ちゃん・・・、本当に・・・ごめんなさい・・・」

2度目の可能性を考慮して、
実は、おもらしっ娘はプラスチック製の青い大だらいの上に立たされるので、床の掃除はありませんが、
代わりにこのタライの掃除をさせられます。
更に、2度目のお着替えは認めていないので、2度目をやらかした場合は、まんまで帰宅しなければなりません。
おもらしファッションってだけでも死ぬほど恥ずかしいのに、その替えのブルマまで濡れてる状態で下校するなんて・・・。
下校中、恥ずかし過ぎて、私は生きた心地が全くしませんでした。

翌日以降は、教室に戻って来た際につけられた「おもらし」の札を、1ヶ月間付けたままでいる事が義務付けられます。
この札を付けている生徒が優先的にトイレに入れるように、他の子は順番を譲る事が決まりになっていますが、
そもそも、こんな札を付けたまま登下校する事に耐えられる訳が無いので、おもらしした当日以外でこの札を付けている生徒はいません。
要するに、当日の羞恥と、厳し過ぎるその後のお仕置きと、翌日以降の札装着義務の為に、おもらしをした娘は、
全員が退学の道を選んでいると言う事になります。

私も翌日退学する旨を、伝えました。



・・・・って言う妄想で、おもらし遊びを楽しんだ、休日の早穂ちゃんでした。

眼鏡掛けて、いつものセーラー服も良いけど、ブレザーも見てみたいな、って言うリクエストに応えてみました。

ブレザーの制服、ブルマ・・・・ネット通販で購入(コンビニ受け取り)
おもらしの札・・・手作り
眼鏡・・・兄の部屋から拝借(笑)
お土産袋・・・近所のスーパー

今更だけど、眼鏡は顔出ししないんだから、必要なかったじゃんΣ(゚◇゚;)
私って律儀だなぁ・・・、これからも応援よろしくね!!(*^ ^*)V

~早穂ちゃんのブログより~



こんばんは。
ストーリーもの自粛とか言っておきながら、何か長くなりました(汗)
こ・・こんなに長くなるとは・・って言ういつものパターンですww
長く書くのも大変な事ですが、要点をまとめて短く纏めると言うのも物凄く難しい事ですね。
星〇一って凄いんだなって思いました、今、唐突に(笑)

今回は早穂ちゃんです。
笙湖ちゃん、小鹿ちゃん、早穂ちゃんと、取りあえずメインの3人を1周させたいなと思いまして。
後、彗ちゃんと、姉か・・・5人ですね(汗)
無茶苦茶な設定ですが、全て早穂ちゃんの妄想なので、どうかご了承ください・・・。

次回は久々に自前絵でも・・・(まだ未定です)

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。

鹿ちゃんと莉穂ちゃんは、このままおもらしコンビとするか。
莉穂ちゃんの威厳を少しは回復させるべきか、少し悩んでます。
でも莉穂ちゃんは、おもらしさせると過去とのギャップもありトップクラスに萌えるので・・。
どうしますかねww
スポンサーサイト
  1. 2015/10/25(日) 13:30:02|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自前絵2015(その2)~おもらし→おもらしファッションまで~ | ホーム | 鹿ちゃんと莉穂ちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kakonoko.blog.fc2.com/tb.php/179-d49f6a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)