華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

おもらしした娘の友達(中編)

「芹・・立って、保健室行こう・・」
私は、芹の耳元でそう言いました。
でも芹は、両手で顔を覆って、イヤイヤと首を横に振りました。

「でも・・このままじゃ帰れないでしょ」

「・・・・」(イヤイヤ)

「早く着替えないと・・、体冷やすし・・」

「・・・・」(イヤイヤ)
何を言っても芹は、泣きながらイヤイヤを繰り返すだけでした。

(もう、困ったなぁ・・、そりゃ気持ちは何となく分かるけどさ・・・)
私は根気よく、芹に声を掛け続けました。
3分ほどして、芹はやっと決心したのか、スッと椅子から立ち上がりました。

・・・すると。

ばしゃっ!!

「うわっ!!」
突然、足元の水溜りにおしっこが落ちて、水溜りのおしっこが跳ねました。
私はビックリして、思わず声が出てしまいました。
スカートの中に溜まっていたおしっこが、立った時に一気に下に落ちて来たみたいです。



c204.jpg
ぽたぽた・・
ぽたぽた・・

そして、立ち上がった芹のスカートの裾からも、止めどなくおしっこの滴が滴り床に落ちていきました。
良く見ると、スカートの中からも、滴が落ちていました。

(どうしよう、このままじゃ、歩けないよね・・)
立ち上がった後も、顔を覆って泣いている芹を前にして悩んでいると、

「あの・・、コレ」
芹の隣の席の田島さんが、私にタオルを手渡しました。

「つ・・使って下さい」

「え・・あ・・でも」
田島さんが手渡してくれたのは、とても可愛い沢山の動物がプリントされたタオルでした。
使ってと言うのは、これでおしっこ拭いてくださいと言う事だと思いますが・・・・。

「・・い・・良いの?」
そう言うと、田島さんは、うんうんと懐いて言いました

「早く・・保健室に・・・、床は拭いておくから・・・」

「ありがとう」
お礼を言うと、私は田島さんが貸してくれたタオルでスカートの裾を拭くと、
芹の鞄の中に着替えのジャージを入れて、それを持って教室を出て行きました。
(お股からはまだ滴が落ちていましたが、流石に男子もいる教室の中で、そこを拭くわけにはいきませんでした)



廊下に出ると、私は芹と手を繋いで、保健室まで歩いて行きました。

c205.jpg
「・・・・」
芹は泣き止んでいましたが、私と目を合わそうとせず、ずっと黙って下を向いていました。
時折右手で、びしょびしょに濡れたスカートのお尻と、上着の一部を触っていました。

「・・・・」
私も私で、こんな時何を言えば良いのかわからず、ただ、真っ赤な顔をしている芹の横顔を見ているだけでした。

これまで、私自身は物心ついてからの失敗は無くて(って言っても、おねしょは小1までしてたけど(汗))、
学校でのおもらしも、過去に2回遭遇しただけです。
でもどっちも、小学校低学年の時の話で、2回とも女子だったけど特に仲のいい子では無かったので、
(うわぁ~おしっこもらした~恥ずかしい~)
と言う感じで、まるで他人事のようにしか思っていませんでした。

身近な友達のおもらしは初めての経験で、正直どう対処していいのかわかりません・・・。

(『大丈夫だよ・・』って、全然大丈夫じゃないよね・・、さっきはとっさに言っちゃったけど・・
『気にする事無いよ』・・・いやいや絶対気にするよ!!・・私だったら恥ずかし過ぎて、きっと立ち直れない・・)

・・・あっ!!

そうだ、小学生ならまだしも・・、高校生にもなって、こんな事になって・・・。
もし私が芹の立場だったら、恥ずかし過ぎて、学校に行くの嫌になると思う・・・。
今、芹もそう考えていたら・・・。

(芹・・・、明日から学校どうするつもりだろう・・・)
やっぱり、少なくとも数日は休む事になるのだろうか・・・。
それとも、これからずっと・・・、もしかして、退学するなんて事・・・。
私の考えは、どんどん悪い方悪い方に向かっていきました。

そんな事を考えながら歩いていると、いつの間にか保健室の前までついてしまいました。
その間、結局私達は一言も話す事はありませんでした。

保健室の扉を開けようと手を伸ばすと、急に手を強く引っ張られました。
芹の方を向くと、下を向いたまま首を横に振って、イヤイヤと訴えていました。

c206.jpg
「せ・・芹・・?」
この期に及んで、どうやら保健室に入るのが恥ずかしいみたいです。

「・・・恥ずかしいの?」

「・・・・」
芹は無言で、首を振り続けていました。

「でも、着替えないとしょうがないでしょ」

「・・・・」

「もう、ここまで来て、恥ずかしがったって仕方無いじゃん・・」

「・・・・」

こんな感じで、暫く無言の芹と問答を続けていると、保健室の方から扉が開いてしまいました。

「さっきから何よ?何か用?」
ちょっとだけ険しい表情を浮かべた、30手前のまだ若い保健の先生が言いました。

「うえ・・あ・・、その・・、あ・・」
いきなりだったので、私は驚いて、言葉が出ませんでした。

「用があるのはあなた?それともそっちの子?」

「あの・・、この子です」

「具合悪いの?頭痛?吐き気?」

「いや・・そういうのでは無くて・・・、えっと・・」
言葉を濁す私に、先生は、ああっ!と気付いたような表情を見せました。

「もしかしてアレ?急にきちゃって下着汚しちゃった?別に良くある事だから恥ずかしがらなくて良いのに・・」
もしそうなら、どんなに良かったことか・・・。
そう思いながら、私は違いますと言うと・・、「じゃあ何?」と先生は訝しげな顔をしました。

「えっと・・、この子、さっき・・・、教室で・・・、し・・・失敗しちゃって・・」

「失敗・・?」
一瞬考えた先生でしたが、直ぐに、「ああっ!」と、今度こそ分かったと言う顔をしました。

「ごめんごめん、そうかそうか、うん分かった、後は先生に任せて」
そう言うと先生は、芹の肩を抱いて、よしよしと頭を撫でながら保健室の中に入れました。

「先生あの・・これ、・・この子の鞄」
扉の前で、私は先生に芹の鞄を渡しました。

「中にジャージが入ってるんで・・」

「うん、わかったわ」
先生は頷きました。

「我慢できなかったのね、かわいそうに・・・。このままじゃ風邪引いちゃうから、早くお着替えしちゃおうね・・」
とても優しい口調で芹に話し掛けながら、先生は、芹を衝立で仕切られたベットルームの方に連れて行きました。

(着替えてる所、見ちゃ悪いよね・・・)
そう考えた私は、先生に、後はよろしくお願いしますと言うと、教室に戻る事にしました。



教室に戻ると、芹のおもらしで中断していたHRが行われている最中でした。
自分の席に戻り、芹の席を見ると、田島さんが拭いてくれたのか、水溜りは綺麗に拭き取られていました。
ですが、水拭きした為か、そこだけ不自然にピカピカ光って見えました。
また、ほんの少しではありますが、おしっこの匂いが漂っている気がしました。

「これで終わるが、一つだけ・・。瀬畠の事だが・・。お前達も、もうガキじゃないんだから・・・。
・・・ここまで言えば、俺が言いたい事は分かるよな?」
先生はそう言うと教室を出て行きました。
芹のおもらしで中断した為に、とても長引いたHRがやっと終わりました。

(芹・・どうしてるかな?)
きっともう着替えは済んでるでしょう。
先生に慰められているのか・・・・・・。

「・・あっ!!」
まずい!!もう帰ってたりして・・。
その想定が完全に抜けていて、私は酷く後悔しました・・。

(・・帰っちゃ嫌だよ!!もしかしたら、最悪)

今日の事がどれだけ、心の傷となったか・・、それは、芹本人にしかわかりません。

ですが、高校生にもなって教室でおもらしだなんて。
私だったら、立ち直れそうも無いほどショックな出来事です。
もし芹も私が思う程のショックを受けていたとしたら・・・。
廊下でも同じような事を考えましたが。
最悪・・、今日が学校で会う最後の日になるかもしれません。


『あ~あ、誰かさんのせいで、帰るの遅くなったじゃん』
『正直瀬畠うぜーし、良い薬になったんじゃないww』
『いや、相当我慢してんなーって、見てりゃ分かったけどさww』
『言えばいいじゃん、アイツ、ただのアホだろww』
『瀬畠ざまぁww』
『おもら瀬畠ww』『瀬畠おもら芹ww』
『これで少しは大人しくなってくれれば良いよね~ww』
『ってか、もう来なくて良いよwwマジキモイww』
『ねぇねぇ、何かまだおしっこ臭くない?制服に臭い付きそうで超嫌なんだけどww』
『俺、今日のおかず決まったわww』『キメーよ馬鹿っww』
『でもさ、ぶっちゃけちょっと興奮したよなwwアイツ顔は可愛い方じゃんww』
『確かに、女子の生のおしっこなんて、滅多に見れるものじゃないしなww』
『ちょっと男子!!何馬鹿な事言ってんの?もらした瀬畠さん並にキモいんですけどww』
『ガキじゃないんだからって言ったってさ・・、そもそもガキみたいな事してんの何処の誰よって感じじゃねww』
『お前らその位にしとけよwwおもらし瀬畠さんwwのお友達の石井が聞いてるぞww』

先生が教室を出て行った直後。
クラスメイトが、おもらしした芹の事を面白おかしく話し始めました。
芹は、クラスのまとめ役と言った感じで、クラスでは結構目立つ方でした。
なので、陰でそんな芹の事を良く思わない人も、少なからず存在していたのは知っていました。
そのせいで余計に、そんな人たちにとっては格好のネタになってしまいました。

(みんな酷いよ・・、芹が今どんな気持ちでいるか、知りもしないで・・・)

c207.jpg
友達を、これでもかと言う位に馬鹿にされて、私は、胸がはち切れそうになりました。
それと同時に、昔、クラスメイトがおもらしした時は、自分も今のクラスメイトみたいな事してたんだ。
って思って、自分の事がとても情けなくて恥ずかしく感じました・・。

(とにかく、今は急がないと・・・)
芹の事を馬鹿にされて、とても悔しかったですが、とにかく今は、芹が帰ってしまう前に会わないと、
と思い、急いで保健室へと向かう事にしました。

続く



こんばんは。
う~ん、やっぱり構想よりも長くなってしまいました(汗)
前後編にまとめるのが難しくなってしまったので、取りあえず毎度お馴染み中編です(笑)

果たして香乃は芹に会えるのか?
芹の今後の学校生活の行方は?
みたいに、引きは良い感じがしますし、長いですけど、シルバーウィークと言う事で、
皆さんも普段よりは時間が有るんじゃないかと思いますので、まぁ3部構成でも良かったかなぁって自分を納得させてます。
後半は、シルバーウィーク中に間に合えば良いなぁと思ってます。(余り期待しないで下さい(^^;; )

おもらしスカートから滴り落ちるおしっこの滴が好きで、今回絵を入れてみました。
これもスカートおもらしならではの魅力の一つですね。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。

上下不釣り合いなおもらしルックと、お土産は大事です!!その通りですww
今回は上着も濡れてるので、ジャージ姿となりますけど。
おもらし後の、お土産袋を手に提げて恥じらうおもらしっ娘の姿は、本当に可愛くて萌えます。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/20(日) 20:20:26|
  2. 長編ストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<おもらしした娘の友達(後編) | ホーム | おもらしした娘の友達(前編)>>

コメント

ちょっと覚えが・・・

こんばんわ、華湖さま。
今回のお話はちょっと見に詰まらされるものがあります。
それというのも、、、私は香乃ちゃん側の経験があるんです。おもらしした友達を保健室まで同伴したことが・・・
多分、、、あれほど重くて気まずい空気はないです。話しかけることを探して、でも傷つけそうで何も言えず、ただ歩いて・・・
そして保健室の直前で「入りたくない、ほっといて!」と言われました。私が焦ったのは、あと数分で授業時間が終わって、そうすると大勢廊下にでて来て、この状態を見られる・・・
説得を試みたものの、当人は半泣きでパニックで。私ひとりではどうしょうもなかったと思うけど、もうひとりいた同伴が「ぐい!」と腕を引っ張って保健室に連れ込みました。
入った瞬間にチャイム鳴った!
その後は・・・・後編のストーリーに差障りそうなので控えますw

私もおもらし経験はあるのですが、もっと小さい頃だったので、あるからと言っても上手く話が出来るとは限らないです。友達のとっさの判断がさすがでした。
ちなみに、間をすっとばすと・・・みんな無事に卒業してますww
  1. 2015/09/26(土) 22:24:07 |
  2. URL |
  3. RIN #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

Re: ちょっと覚えが・・・

RINさん、こんばんは。

> 今回のお話はちょっと見に詰まらされるものがあります。
> それというのも、、、私は香乃ちゃん側の経験があるんです。おもらしした友達を保健室まで同伴したことが・・・
> 多分、、、あれほど重くて気まずい空気はないです。話しかけることを探して、でも傷つけそうで何も言えず、ただ歩いて・・・
今回のシチュも経験があるのですね。
RINさん、おもらしシチュ経験が多くて少し羨ましいです。(いや・・羨ましがるようなものでは無い感じですけど、特に今回は)
おもらしした子を前にして、何も話せる訳ないですよね、そして、何も言わない事が正しいのだと思います。

> そして保健室の直前で「入りたくない、ほっといて!」と言われました。私が焦ったのは、あと数分で授業時間が終わって、そうすると大勢廊下にでて来て、この状態を見られる・・・
> 説得を試みたものの、当人は半泣きでパニックで。私ひとりではどうしょうもなかったと思うけど、もうひとりいた同伴が「ぐい!」と腕を引っ張って保健室に連れ込みました。
やっぱり、保健室の直前で躊躇するんですよね。
周りからすれば、今更何を恥ずかしがるって感じですけど、
保健室に入ると、また新たにこれまで知らない人(保健の先生)におもらし姿を見られてしまう。
また、「おしっこをもらしました」と、言わなければならない等。
おもらしした時の羞恥を再び味わなければならないので、それが、躊躇する一つの原因なのかなと考えています。
お着替えも、おもらしした自分を嫌でも認識させられるので、恥ずかしいですしね。(とは言ってもお着替えしないとどうしようもありませんけど)
もう一人の子のとっさの判断は本当にナイスですね。

> ちなみに、間をすっとばすと・・・みんな無事に卒業してますww
それは良かったです。
物語も後半を上げました、宜しければ読んで見て下さい。
その後、差支えなければ、すっ飛ばされた間の話を少し聞きたいです。
実際のおもらしした子のその後と言うのは、少し気になります。(書ける範囲の事で構いませんので・・)
  1. 2015/09/27(日) 19:17:59 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kakonoko.blog.fc2.com/tb.php/174-66372b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)