華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

再発!?

「・・・う・・・ん」
夏場の寝苦しい時期とはいえ、朝に弱い西谷さんこと莉穂ちゃん。
目覚まし時計が鳴る前に起きる事なんて、有り得ない事なのですが、この日の朝は、セットした時間よりも1時間も早く目覚めてしまいました。
下半身にいつもとは違う違和感を感じたのです。
パンツがお尻にびっちり張り付いて、とても冷たく感じる感触・・・。
何故かふとももの辺りも湿っていて冷たい・・・。
それは・・ちょっと前まで割と毎朝味わっていた・・少し懐かしい感触・・。

「・・・あれ・・・?、これ・・・って・・・」

ガバッ!!
慌てて跳ね起きてタオルケットを捲り上げると、そこには控えめな・・・でもハッキリとした世界地図がシーツの上に描かれていました。


「うそでしょ・・・こんな・・・、この年になって・・・」
とても受け入れがたい光景でしたが、お尻の冷たさと、お尻を中心に広がる黄色い染み、そして漂うおしっこの臭い。
おねしょをしてしまった事は紛うことなき事実でした。

「う・・そんなぁ・・・、ぐすっ・・、ど・・どうしよう・・、どうしよう・・・」
莉穂ちゃんの顔は自然と赤くなり、目に涙が溜まって来ました・・。

「治った筈でしょ!?何よこれぇ・・・くそっ・・!!」
確かに莉穂ちゃんは、おねしょの治りはかなり遅い方でした。
中学1年生まで常習犯で、
小6の時の修学旅行では、おねしょが同部屋の子にバレて、卒業するまでからかわれ、虐められました。
中2になって、徐々に失敗は減って行って、3年生に上がった頃にはもう全くしなくなっていました。
だから、おねしょは完治したと思っていました。

「たまたまこの数年間は止まってただけなの・・??冗談じゃないわ!!」

(どうも・・・あの体育館でのおもらし以降、私のおしっこの感覚・・・変になってる気がする・・、
勿論、あのおもらしが無ければ、小鹿とも、香織とも友達になれなかったんだから、後悔してる訳じゃないけど・・)

時計を見ると、目覚ましをセットした時間まで後30分、下の階や横の部屋からは物音が聞こえて来ていました。

(お母さんと、兄貴はもう起きてるか・・・、ノックもせずに部屋を開ける事は無いと思うけど・・万が一バレたら、お母さんに物凄く怒られる・・・)
小学校までは、おねしょの度に嫌な顔はされたものの、そこまで怒られませんでした。
けれど、中学に上がってからは、おねしょの度に怒鳴られ、お尻を叩かれ、汚れたものは自分で洗濯するように言われました。

『いつまでおねしょしてるの!!もう子供じゃないのよ!!一人前の女なのよ!!』
と言わんばかりでした。

3人兄弟の中で、唯一の女の子である莉穂ちゃんに、お母さんは昔から女性としての躾けにはとてもうるさい人でした。

(体育館のおもらしも、この前の音楽室のおもらしも、上手い事言って言い逃れたから良いけど、アレだって、もしおもらしだってバレたら・・お尻百叩きどころじゃ済まなかったよな・・・・そう考えると・・・)
もし・・・このおねしょがバレたら・・・莉穂ちゃんは息を呑みました。

c190.jpg
「ご・・誤魔化さないと・・・・」
なるべく音を立てないように、そっと・・でも素早くベットのシーツを剥ぎ取り、畳みます。
見るとベットにも染みは広がっているものの、これ位なら自然乾燥でも何とかなりそうです。
濡れた寝巻の下とパンツを下ろし、ウェットティッシュで下半身を拭いて、新しいパンツを履きました。
その後、制服に着替えて、おしっこで汚れたものをベットの上に並べて、考え込みました。

(おしっこ臭・・嫌もうっ・・・・、はぁ・・お母さんにばれるから、家では洗濯出来ないなぁ、これ・・、
ってなるとやっぱ、学校帰りにコインランドリーしかないよねぇ・・、こんなの学校に持って行って・・・、もし誰かに見られたら・・)
そうは言ってもそれ以外の選択肢が無い莉穂ちゃんは、シーツ、寝巻、おねしょパンツを2重のビニール袋に入れて硬く締め、
更にそれを大きめの紙袋に入れて、学校に持って行く事にしました。



莉穂ちゃんは、なんとか平静を装って家を出ました。
外に出てからは、持って来たおねしょのお土産の事で頭がいっぱいでした・・・。

(着いたらすぐにロッカーに入れればバレない・・・よね・・きっと、でも、おしっこで濡れたままなんだよなぁ・・臭ったりしないかなぁ・・・、
それに、衛生的にも問題がありそうな・・・でも・・・でも仕方ないし・・・)

途中で、いつものように小鹿ちゃん、香織ちゃんと合流しました。

「おはよう」
「おはよう、莉穂ちゃん」
2人は莉穂ちゃんに笑顔で挨拶しました。

「・・お・・・おはよう」
莉穂ちゃんも何とか笑顔を浮かべて返しました。

「・・ん?どうしたの、何か元気ないみたい・・」
香織ちゃんは、雰囲気の違いを直ぐに察知しました。

「え・・?そ・・そんな事無いって!?きょ・・今日、音楽あるね、小鹿、トイレにはちゃんと行っておこうね」

「え・・・うん・・・、ねぇ・・莉穂ちゃん・・・、その袋は・・・?」
小鹿ちゃんは、莉穂ちゃんの手に持った大きな袋が、会った時から気になっていました。

「な・・何でもないよ!!何でも!!ほら・・は・・・早く行くよ!!」
空元気を出して向かおうとする莉穂ちゃん、すると。

「本当?本当に何でもないの?」
腑に落ちない香織ちゃんが言います。

「何でも無いってば!!しつこいなっ!!」
2人に対して語気を強めて言い返しますが・・。

「でも・・・、莉穂ちゃん・・・、泣いてるよ?」
小鹿ちゃんは動じる事無く言いました。

「・・・え?・・・あ?」
莉穂ちゃんの目には自然と涙が溜まって来ていたのです。
必死に強がって見せても、心は正直でした。

「何かあったの?話してくれないかな?」

「・・・・はぁ・・、香織と小鹿になら良いか」
莉穂ちゃんは観念して、今朝のおねしょの事を打ち明ける事にしました。

c191.jpg
「じ・・実は・・・その・・・私・・・、今朝・・・」

「うん・・」

「その・・あの・・・、お・・お・・・、おね・・」

「おねしょしちゃったの?」
香織ちゃんが答えてしまいました。

「いやっ・・その・・・、うん・・・そう・・・」
莉穂ちゃんは顔を真っ赤にして下を向きました。

「なんだぁ・・・、少なくとも私には恥ずかしがる事じゃないじゃない、私なんか、毎日してるし・・、
もちろん今朝もやっちゃったよ、オムツの中にだけど・・・」
香織ちゃんがサラッとした口調で言いました。
莉穂ちゃんと友達になって、
直ぐに香織ちゃんは、小鹿ちゃんに続いて莉穂ちゃんにも、未だにおねしょが治っていない事を打ち明けていました。

「そ・・そう言う問題じゃないって・・、あーめっちゃ恥ずかしい・・・」

「じゃあその袋の中身はひょっとして・・・」

「お・・おねしょで汚したもの詰め込んであるの。帰りにコインランドリー寄ろうと思って・・・。
こんな事が親にバレたらマジでヤバい事になるもん・・・、お尻百叩きどころじゃ済まない・・」

「お尻百叩き・・??」

「・・・はぅっ!!いや違っ!!」
勢い余って言ってしまった恥ずかしいお仕置きを慌てて否定しました。

「と・・・とにかく!!放課後ちょっと付き合ってよ」
一人で何とかしようと思っていましたが、こうなった以上、2人にも協力してもらう事にしました。

「それは別に構わないけど・・・、ねぇ・・莉穂ちゃんさえ良ければ、それ、私の家で洗う?」
香織ちゃんが袋を見ながら言いました。

「え・・?」

「うち、乾燥機あるし、表向きは3人で集まって勉強会って事にすれば、莉穂ちゃんのお母さんにも言い訳できるし、
コインランドリーじゃ、お金が勿体無いよ・・ね?」

「でも・・流石に、悪いわよ・・・」

「なんで?困ってる友達を助けるのは当たり前だよ、だから気にしないで」
香織ちゃんは莉穂ちゃんに笑顔を向けました。

「・・・・じゃあ・・・お言葉に甘えて、ありがとう香織」
莉穂ちゃんは照れくさそうにして言いました。

「あ・・うちのお母さんには話すけど、心配しないでね。口裏合わせるように言っておくから。
それに、私がいるから・・おねしょには慣れてるし・・・」
香織ちゃんと小鹿ちゃんの2人は、莉穂ちゃんを励ましながら学校へ向かいました。



そして放課後・・・。

勉強会と言う名目で香織ちゃんの家に集まった3人は、
早速、香織ちゃんのお母さんに事情を説明して、おねしょで汚した物の洗濯を始めました。

おねしょの事を聞いた香織ちゃんのお母さんは、特に驚く事も無く、

「あらぁ、かわいそうに・・・でもこの子と違って体調がちょっと悪くてたまたましちゃっただけよ、大丈夫大丈夫」
っと莉穂ちゃんを慰めてくれました。

そして・・・

「鹿ちゃんも可愛いけど、あなたもなかなかべっぴんさんねぇ・・、彼氏とかいないの?」
珍しく香織ちゃんが、小鹿ちゃん以外の友達を連れて来たので、お母さんは興味津々で世間話をぶつけて来ました。

「・・・あはは・・・、最近フラれたばっかです」



暫くすると、乾燥が終わり、おねしょで汚れたものは全て綺麗になりました。
これで一安心です。

「おばさん・・、本当にありがとうございました。助かりました」
「香織もありがとう」
深々と頭を下げて、莉穂ちゃんはお礼を言いました。

「どういたしまして、あ・・そうそう莉穂ちゃん、一応念の為、コレ持って行きなさい」
洗濯した衣類と共に、香織ちゃんのお母さんはある物を差し出しました。

それは・・・。

「・・え・・これって・・・」

紙オムツ(パンツタイプ)3枚分。

「今朝はたまたまだと思うけど・・、もし、またしちゃうような事があったら大変でしょ?
それ履いておけば、少なくとも外の被害は抑えられるから、しなきゃしないで良いんだし」

「テープタイプの方がより安心だけど・・・テープタイプだと、付けたり外したりする時に音がしちゃうから・・」
香織ちゃんが続けて言いました。

「きっと大丈夫だと思うけど・・、万が一おねしょが続いて、それで足りなくなるようなら、今度は一緒にオムツ買いに行こう」

「・・う・・うん、そうならない事を祈るわ・・・」

そうして、その日は何とか事無きを得た莉穂ちゃんでした。

その後・・・。
莉穂ちゃんの願いもむなしく・・、どうやら莉穂ちゃんのおねしょは本格的に再発したらしく、
貰ったオムツを5日と持たずに使い切ってしまい、放課後、オムツを買いに行くことになったのでした。



こんばんは。

予告通り、おねしょ推し第1弾、莉穂ちゃんのお話をお送りしました。
・・・すみません、時間掛り過ぎました。集中力が全く持続せず・・・反省しています。
それと、小鹿ちゃんが、隅っこで足だけ出てるような扱いになってしまったので・・ちょっと自分的には満足しきれていない感じです。
まぁ、小鹿ちゃんはおねしょしないので、会話に絡めづらくはあったのですけど・・・。

おもらしに止まらず、おねしょまで再発してしまった莉穂ちゃん・・・。
いやぁ、ここまでおもらしっ娘として大きく成長してくれるとは思っても見ませんでした。
元々悪役ですしね・・・、どんどん惨めになって行く様は、大幅なギャップを感じてかなり萌えてしまいます。
っと自分的にもノリノリで莉穂ちゃんを描いているので、歯止めが効きません(笑)
しかし、これだけ情けない姿が続くと、鹿ちゃんと立場が逆転しそうww

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。

電車の中で読んで頂けているみたいです。ありがとうございます。
実際、スマホ(携帯)とPCどちらで見ている方が多いのかは気になりますね。
どちらにせよ、訪問して下さる事はとても嬉しいです!
スポンサーサイト
  1. 2015/08/22(土) 19:57:38|
  2. おねしょ絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<おねしょが治らない姉 その10 | ホーム | 杏奈ちゃん、必死に我慢する>>

コメント

華湖さんこんにちは。

「躾けに厳しい母親」で気になったのですが、自分としてはやはりほのぼのしたやりとりが好きなので「いっぱいおねしょしちゃっていいからね♪」とか「パジャマもパンツもみんなママが洗ってあげるよ。」といった、おねしょに対して全く叱らないどころか、おねしょを褒める母親も見てみたいものですね。

というよりおねしょに対しては優しいというよりも「変態」的な母親といった方がいいでしょうかね…(「否定的」なおねしょシーンが苦手なせいかそうなってしまいます)
そして娘もおねしょの虜(つまりおねしょするのは楽しい)となってしまえば円満そのものでもっとほのぼのとするかもしれません。

でも今回の香織ちゃんの母親は凄く良かったです。(おねしょを隠すと怖いらしいですが…)
  1. 2015/08/23(日) 15:14:50 |
  2. URL |
  3. 魁快 #j6stWeMg
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

魁快さん、こんにちは。

魁快さんは、ほのぼの路線が好きなのですね。
と言うよりは、おねしょした本人が悲しい顔をしたり、お母さんが怒ったりするのが苦手なのでしょうか。

> というよりおねしょに対しては優しいというよりも「変態」的な母親といった方がいいでしょうかね…(「否定的」なおねしょシーンが苦手なせいかそうなってしまいます)
> そして娘もおねしょの虜(つまりおねしょするのは楽しい)となってしまえば円満そのものでもっとほのぼのとするかもしれません。
これは個人的には、なかなか難しいですね(笑)話の落としどころをどうつければ良いか。
でも、おもらしが好きな娘がいるように、おねしょが好きという娘ももちろんいるでしょうから、
考えが纏まりそうならいつか形にしてみたいと思います。(すみませんいつも曖昧で・・)

  1. 2015/08/24(月) 11:58:59 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

おお莉穂ちゃんのおねしょ話だ!ありがとうございます。
おねしょ癖が元からあったというのは意外でした。
なるほど・・小鹿ちゃんをイジメていたのはコンプレックスの裏返しでもあるんでしょうか?
結局、おねしょセット?は学校にもっていったんでしょうか?誰かにバレたりとか・・・??
それこそ、決別した前のお仲間にとか。
お母さんが躾に厳しい・・・意外?と家では「いい子」なんでしょうか、莉穂ちゃん?

>いつまでおねしょしてるの!!もう子供じゃないのよ!!一人前の女なのよ!!
このセリフがよいですw
そうおもらし、おねしょは「女の子としてもっとも恥ずかしい行為」と、
特に母親から口うるさく躾けられる子は多いらしいです。
「女として」「女の子なのに」と連呼する母親は多いと、雑学の本とかで読んだ記憶もあります。
2回の学校でもおもらしがバレたらどうなるんでしょうか?
あと、、

>・・・あはは・・・、最近フラれたばっかです
あれ、そうなんですか?
やっぱりおもらし原因で?
  1. 2015/08/24(月) 17:29:36 |
  2. URL |
  3. たたら #v6O6VgHs
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たたらさん、こんにちは。

> なるほど・・小鹿ちゃんをイジメていたのはコンプレックスの裏返しでもあるんでしょうか?
そう言うのはあるかも知れないですね。性格的にも正反対なので、いけ好かなかったのもあります。

> 結局、おねしょセット?は学校にもっていったんでしょうか?誰かにバレたりとか・・・??
> それこそ、決別した前のお仲間にとか。
持って行きました。直ぐにロッカーに入れて放課後まで封印していましたw
バレたらきっと、また周りから冷ややかな目で見られてたでしょうねぇ・・。
それと、今更ですが・・登校途中で打ち明けてあの流れなら、まず香織ちゃんの家に寄って事情を話し、
洗濯しといて貰った方が、リスクが無くて自然な流れだったような気がしてきました・・。
2人にバレるのは、学校についてからにすべきでしたね、失敗しました(汗)
(きっと遅刻ギリギリだったんだ・・きっと・・)

> お母さんが躾に厳しい・・・意外?と家では「いい子」なんでしょうか、莉穂ちゃん?
恐いので、余り逆らえない感じと言った所でしょうか。
その分、外で悪ぶって発散していたんですね。

> 2回の学校でもおもらしがバレたらどうなるんでしょうか?
それは本人が言っているように、恐ろしい罰が待っていると思います。

>・・・あはは・・・、最近フラれたばっかです
> あれ、そうなんですか?
> やっぱりおもらし原因で?
おもらしが原因でフラれました。この辺はプロフで改めて記す予定です。
  1. 2015/08/25(火) 12:15:29 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

タイトルなし

こんにちは。美奈子です。
西谷さんのおねしょ話、良かったです!
わたしもまだおねしょが直ってないんです....。(恥ずかしいけど....)今朝もやっちゃいました。。。小4です。
おねしょしたときって違和感を感じて早く起きますよね\(∵)/パンツがお尻に張り付いて太ももが冷たくて、シーツが濡れていて。。。。実はわたしも、おむつを買いたいんですけど、恥ずかしくて買いに行けません↓↓1回だけおむつつけて寝たら朝、おむつをつき抜けて布団に大きな世界地図を作ってしまいました(泣)寝巻におしっこのシミがついたまま買わされてから買えません。。。。。。今はおむつをつけずに寝ていて、やはり布団に大きな世界地図を作ってしまいました/(><)\(←←当たり前......)おむつが買いたいです!!!!
どうしたらバレないようにおむつを買いに行けますか??(多分明日もおねしょするかもだけど........)(この前、学校でお漏らしも8回しちゃったけど(笑))
  1. 2015/08/27(木) 18:21:01 |
  2. URL |
  3. 美奈子 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

美奈子さん、こんばんは。

> 西谷さんのおねしょ話、良かったです!
ありがとうございます。おねしょ話はまだまだ少ないのですけど、
少しずつ増やして行きたいと思います。

> わたしもまだおねしょが直ってないんです....。(恥ずかしいけど....)今朝もやっちゃいました。。。小4です。
おねしょが治ってないのですか、自分は小6までやってたので、小4ならまだそんな焦る事はありませんよ。
・・と言うより、おねしょがしたい自分としては、ちょっと羨ましいです。

> どうしたらバレないようにおむつを買いに行けますか??(多分明日もおねしょするかもだけど........)(この前、学校でお漏らしも8回しちゃったけど(笑))
恥ずかしくて買えないと言うのは、自分も気持ち凄く分かります。
オムツおもらしがしたくて、それでも買いましたが、とても恥ずかしかったです。
これはもう、『堂々と買う』、これしか無いと思います。
店に売っているものをこっちはただ買っているだけ・・、何も悪い事はしてない・・と思い込むしか無いですね。
(ちょっと罪悪感がある所と言ったら、本当に必要としている人の分を奪ってしまっている・・と言う部分ですけど・・)
店員さんも、店の他の客も何も言う事はありませんから、気持ち次第です。

バレずに買う・・、これは家の人にバレずにと言う事だと思いますが。
何10セットもまとめて入ってるようなおむつを買うのであれば、外から透けない大きめの袋(バッグ)を必ず持って行きます。
ただ、日常的に使ってない袋だと、帰って来た時、家の人に「それは何?」と突っ込まれ、最悪ばれる事に繋がるので、
なるべく普段、出かける時に使ってる大きめの袋(バッグ)を選んだ方が良いと思います。
オムツ購入後は、トイレの個室で中身を開けて、持って来た袋(バッグ)に詰めます。
(買うオムツも、持って来た袋(バッグ)の容量をキチンと計算に入れないと、まずい事になります。)
後は、家に着いたら、何か言われる前に速攻で自室に入り隠してしまえばOKだと思います。
以上が個人的に思いついた方法です。

また、この手の問題は、
他のサイトさんや、質問サイトでも多くあがっているので、そちらを参考にしてみるのも良いかと思います。
  1. 2015/08/27(木) 22:00:52 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

華湖さんこんばんわ!
いきなりで申し訳ありませんが、リクエストよろしいですか?
莉穂ちゃんのお尻百叩き時代のおねしょが見てみたいです
出来れば現在の莉穂ちゃんのおねしょと一緒にお願いします
  1. 2016/05/13(金) 23:52:24 |
  2. URL |
  3. パンプキンガム #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

リクエストは嬉しいです。
少しお待たせすると思いますが、やってみます。

すみません、より希望に沿うものにする為、いくつか、質問させていただきます。

怒られていた時代と言う事で、中学生の時ですが、お仕置きをされている場面が良いでしょうか?
(少し難しいですがたぶん出来ます)

現在の莉穂ちゃんのおねしょと合わせて1枚でと言う感じで良いでしょうか?
  1. 2016/05/14(土) 00:49:25 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

Re:Re:タイトルなし

お仕置きシーンは是非入れてみて下さい!
合わせて1枚でお願いします!
  1. 2016/05/14(土) 09:48:08 |
  2. URL |
  3. パンプキンガム #-
  4. [ 編集 ]

Re: Re:Re:タイトルなし

> お仕置きシーンは是非入れてみて下さい!
> 合わせて1枚でお願いします!
分かりました。
暫くお待ちください。
  1. 2016/05/15(日) 00:02:07 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kakonoko.blog.fc2.com/tb.php/170-c3ace464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)