華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

早穂ちゃんの進路(後編)

2者面談から、約1週間後・・・。

「宝蔵院早穂です。今日から3日間お世話になります。宜しくお願いします」
小・中・高一貫性の、とある私立校の保健室に体験学習にやって来た早穂ちゃん。
保健の先生に、笑顔で挨拶をしました。

「はい、こちらこそ宜しくね。気負わなくて良いから、楽にしてね。
それから、聞きたい事があればどんどん聞いて、限られた時間の中で、少しでも多くのモノを持ち帰ってくれれば嬉しいわ」

「はい・・ありがとうございます」
こうして、体験学習が始まりました。



まず初めに、先生は保健の先生の大まかな仕事の内容を説明してくれました。
その後、保健室の室内の設備について、細かく説明してくれました。
早穂ちゃんは、説明を熱心に聞いて、メモを取りました。

「児童、生徒への対応は、実際に経験を積む事が一番ね。
でも、3日間で、どれだけ経験を積ませられるか、そればっかりは私には分からないわね・・・」

「そうですよね・・」

(3日間で、おもらしっ子・・・、何人来てくれるのかなぁ・・・。
お願いだから一人位は私のいる内におもらしして欲しいなぁ・・・)
そんな事を思い、
1時間目の授業が丁度半ばに差しかった時。

ドンドン!!
保健室の扉を叩く音がして、誰かが中に入って来ました。

(おもらしっ子!!!!)

早穂ちゃんは期待を胸に振り返りました。
ですが、入って来た子の下半身は濡れていませんでした。
体育の授業中に怪我をしてやって来た小等部の男の子でした。

(うう・・・、残念・・、まぁ早々おもらしなんて起きないよね・・・)

その後、
2時間目の授業中に、教頭先生並びに、校長先生が早穂ちゃんの様子を見に来たり。
2時間目の終了後の休み時間に、中等部の女子生徒が、自身の体の悩みを相談しにやってきたりしました。

(うう・・、おもらしっ子・・・来ないなぁ・・・)

3時間目、
早穂ちゃんは、さり気なく聞いてみる事にしました。

「先生、さっきは、怪我した子でしたけど、その・・、時には、そ・・粗相なんかで保健室に来る子もいるん・・ですよね?」

「え・・?あーまぁ、それはまぁ、もちろんいるわよ・・」
そして、先生は何か悟ったような顔をして、続けました。

「分かるわよ、宝蔵院さん、お下の世話なんて、誰だってしたくないわよね。
でもね、それも立派なここでのお仕事なのよ」

「あ・・はい。それは勿論」

(あ・・何か勘違いされてる)
と思った早穂ちゃんでしたが、まぁ普通はそうなるか・・・と考え直しました。

「失敗しちゃった子の、その後の心のケアも大変なのよ。男の子はともかく、女の子だと余計にね。
でもまぁ、怪我みたいに、そう頻繁に起こる事では無いから、心配しなくて大丈夫よ」
そう言って笑顔を向けました。

心配しなくて良いと言うのは、体験学習中におもらしが起こる事は無いと言う事でしょう。
でも、それでは早穂ちゃん的には困ってしまいますww

(うう・・・、おもらしっ子が来てくれないと、私がここに来た理由が・・・)

(・・・って。それは流石にどうかと思うけど・・・、おもらしの神様!!お願い!!
私の目の前に、どうかおもらしっ子を・・・おもらしっ子を・・・!!)

そんな早穂ちゃんの願いが通じたのか・・、
4時間目のチャイムが鳴って、2、3分後・・・。

小等部低学年の女の子が、そっと静かに扉を開けて、保健室に入って来ました。
鼻をヒクヒク鳴らしながら、トボトボとこちらに向かって歩いて来るその子のスカートと両足、
靴下はびっしょりと濡れていました。

c167.jpg
(おもらしっ娘キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !)

「あらあら、我慢出来なかったの?」
先生は、びしょびしょのスカートを握り締めて必死に涙をこらえる女の子に、優しく声を掛けました。
すると女の子は、小さな声で、話し始めました。

「違うの・・、違うの・・、ちゃんとおトイレ入ったもん・・、だけどね・・えっとね・・
おパンツ脱ごうとしたらね・・・。そしたらね・・・、ジャーーって・・・・、おしっこ出て来ちゃったんだもん・・」
そこまで必死に言葉を紡ぐと、とうとう恥ずかしさに耐え切れなくなったのか、泣き始めてしまいました。

「ヒック・・・、違う・・もん・・ヒック・・、ちがっ・・・もん・・」
泣きながら必死に「違う違う」と女の子は言い続けました。
脱ぐ前に出ちゃった、おもらしした訳じゃない・・・。
っと、必死に訴えているようです。

(リアルおもらしっ娘!!3年前の理恵ちゃん以来だわ!!)

(ああ・・・、スカート・・、こんなにびっしょり濡らして・・・、必死になって、おもらしした事を否定して泣いてる・・。
今、この子・・間違いなく世界で一番可愛いわ!!!!)
今すぐ、この子を抱きしめたい衝動と、顔がにやけるのを必死に抑えて、なんとか冷静でいる風を装う早穂ちゃん。
ですが、下半身の方はどんどん疼いて来るのが分かりました。

(あ・・、どうしよ・・ちょっと小股が・・・)

「うん、そうね、ちょっと運が悪かっただけだよね。
大丈夫よ、先生、ちゃんとわかってるから・・・おパンツ気持ち悪いでしょ?
お着替えして、すっきりしちゃお・・・・ねっ?」
女の子と同じ目線まで腰を落として、先生は言いました。

「・・・うん」
顔を真っ赤にして、女の子は頷きました。

「あ・・でも、休み時間終わってそのまま来たのよね?担任の先生に連絡しておかないと・・。
宝蔵院さんを向かわせる訳にも行かないし・・・」
どうしましょうと、考えていると、早穂ちゃんは、これはチャンスとばかりに言いました。

「先生、大丈夫です。この子の事は私に任せて下さい」

「え・・でも・・・」
先生は戸惑いましたが。

「室内の説明はさっき受けたので問題ありません。
それに私・・中学の時に、おもらしした友達のお世話した事ありますし・・・」

「そう・・なら、ここはお願いするわね」

「はい」
早穂ちゃんは、心の中でガッツポーズしました(笑)

そして・・・。

先生が、連絡しに行っている間に、早穂ちゃんは、女の子のお世話をしました。

「はい、それじゃあ、スカートとおパンツ脱ごうね」
興奮を必死に抑えて、お世話を始めた早穂ちゃん。
びしょびしょのスカートを下ろすと、女の子に大人気の魔法少女のアニメがプリントされた白いパンツが露わになりました。
おしっこに濡れて肌にぴったりと張り付いて、まだツルツルな女の子の大事な部分が薄ら透けて浮かび上がっていました。

(可愛いパンツが、こんなに黄色く濡れて、可愛いなぁ~もうっ!!
それに、この漂うおしっこの臭いが何とも・・、ああ~、もう私、どうにかなっちゃいそう~っ!!)

その後、
途中で戻って来た先生と共に、女の子のお着替えを済ませました。
女の子は「ありがとうございます」とお礼を言って、下だけブルマー姿になりながら、教室に戻って行きました。

「なんか、おもらしの話してたら、本当に来ちゃったわね・・・。
なんか申し訳ないわね、初めての体験学習で、いきなりおもらしした子のお世話なんてさせてしまって・・」

「いえ・・そんな、全然平気ですよ(寧ろ大歓迎です)」

「・・まぁ、流石に次は無いと思うから、安心してね」
・・・と、先生は言いましたが・・・・。



先程の、女の子が保健室を出てから、約30分後・・・。
4時間目の終了間際に、再び保健室の扉を開ける音がしました。

「うえっ・・・先生・・・、おし・・っこ・・うぐっ・・もらし・・ちゃい・・ぐすっ・・ました」
先程の女の子同様、スカートの前をビッショリ濡らしてしまった
小等部高学年の女の子がやって来ました。

(また、おもらしっ娘キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!)

「あらあらあら・・・、大丈夫よ泣かないで・・・」

早穂ちゃんは、再びお世話を申し出て、この女の子のお世話をしました。

(第二次性徴期真っ只中の少女が、おもらししてこんなに恥ずかしそうにしてる・・。ああ・・もう、この子愛おし過ぎるわ・・・)
欲望を理性で必死に抑えて、その子を無事に送り返すと、

次は、昼休みを終えた、5時間目・・・。

c168.jpg
「すみません。あの・・・この子が・・・、授業中に・・・おしっこを・・・その・・・・」

中等部の制服を着た、女子2人が保健室にやって来ました。
その内の一人、三つ編みの眼鏡の子のスカートが、かなり広範囲にわたって、おしっこで染みになっていました。

(またまたキッタァーーヘ(゜∀゚)√レ━ !!)

「あらあらあら・・・・」
流石に保健の先生も驚きを隠せない様でした・・・。

(おもらしの神様!!どうもありがとう!!もうこのまま死んでも良いかも(笑))

付き添いの子が授業に戻った所で、早穂ちゃんはまた、お世話を申し出ました。

「着替え位、自分で出来ますから・・」と言って、お世話を拒む彼女を押し切り、
早穂ちゃんは、彼女のお世話をしてあげました。

そして、早退を希望した彼女を、送りだした所で、
早穂ちゃんの下半身の疼きがとうとう限界点を突破しそうになってしまいました。

「先生、すみません、ちょっとお手洗いに・・・」

「どうぞどうぞ行ってらっしゃい、あなたにまでおもらしされちゃ、たまらないわ・・・なーんてね(笑)」
先生は冗談交じりに言いました。



トイレの個室に入った早穂ちゃんはパンツを下ろしました。

ネチョ~・・・

(お昼休みに、一回拭いたけど・・・もうこんなにネッチョリなんて・・)
早穂ちゃんのパンツと大事な所は、3人のおもらしっ娘に興奮した事によって、
まるでおもらしをしたみたいに、ネチョネチョになってしまっていました・・・。

(ああ・・・・もう・・・3人とも、可愛かったなぁ・・・、私もいずれ・・あんな風におもらしして・・、保健室に行って・・お着替えして・・・)
早穂ちゃんの右手は、ゆっくりとネチョネチョの大事な部分を触って・・・・・。

そして・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「はぁ・・・・、はぁ・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「・・・・・・・・・・・・・・。」

(ば・・・馬鹿っ・・・私・・・、何やってるのよ・・・・・・)
行為を終えて、理性を取り戻した早穂ちゃんは、自分の行いを、物凄く後悔しました。

(確かに期待してたし、それが一番の目的だったけど・・・)

(違う・・・何か違う・・・、私は・・・私は・・、こんな・・・あの子達を汚すような事をしたかったんじゃない・・・)

(確かに、私はおもらしが好き!!大好き!!
でも、保健室での業務は体験学習とは言え、立派な仕事じゃない・・。
それなのに・・、恥ずかしいのを必死にこらえて、保健室にやって来たあの子達に対して・・私は・・・・、
結果的に私は、あの子達を、自分の欲情を満たすための道具としか見ていなかったんだ・・・・)

(最低・・・最低だ・・・私・・・)

その後の2日間は、おもらしをする子はいなく、
早穂ちゃんは予定された3日間をつつがなく終えて、保健室を後にしました。

(今回は初日だけで済んだけど、コレを仕事にしたら、またあんな日が来ないとも限らない・・・。
その時、私はきっとまた、欲望に耐え切れずに、同じ過ちを犯すに違いない・・・。私がおもらし好きである限り・・・・・)

(おもらしっ子に近過ぎる仕事は、私には向かないわね、それが分かっただけでも有意義だったわ)

(あの子達が、ちゃんとおもらしから立ち直れますように・・。特に中等部の子・・・)
おもらしの神様のおかげ(?)で、沢山のおもらしっ娘に触れ合う事が出来た早穂ちゃん。
ひとまず養護教論への憧れは封印して、新たな進路を目指すのでありました。



こんばんは、
早穂ちゃんの進路(後編)でした。

なんとか前後編でまとめる事が出来ましたが・・・。
ちょっと長くなってしまいましたね・・・(汗)
(本当はもう少し、その後が有るのですけど、割愛させて頂きました・・・)
まぁでも、前中後の3編にすると、
最初の子以外の、2人のお着替え描写もそれなりに描かないと不味いし。
(今回は元から、最初の子以外の細かな流れは考えていませんでしたし・・・)

と言う訳で、養護教論の道はあきらめた早穂ちゃんですが、新たな目標は何になるやら・・・??
まぁ、大学に上がることは無いんですけど(笑)

えっと、お気づきの方もいるかも知れませんが、当ブログの物語は、
ループ設定と言うか、ぐるぐる設定と言うか、ドラえもん等と同じく、現実世界で何年経とうが進級する事はありません。
(最近の連載漫画等は、普通に進級して行くものが多いですけど・・・)

ですから、早穂ちゃんが、授業中おもらしを達成するその時まで、どうか暖かく見守って頂けると幸いです。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます!
スポンサーサイト
  1. 2015/05/17(日) 01:52:56|
  2. 長編ストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<自前絵2015(その1) | ホーム | 早穂ちゃんの進路(前編)>>

コメント

こんにちは。
おもらし経験のある子が、実際に保健室でおもらしちゃんの後始末をしちゃうのは、とってもいいですね。おもらしの経験が引き継がれますし、気持ちもわかりますね。是非、良い保健室の先生になってもらいたいと思います^^
出来たら、もう一度実習にいって、もっとおもらしした子のお世話をしてほしいですね。中学生や高校生がおもらししちゃうとうれしいです。
  1. 2015/05/17(日) 19:19:18 |
  2. URL |
  3. ポチ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ポチさん、こんばんは。
返信が遅れて申し訳ありません。

>出来たら、もう一度実習にいって、もっとおもらしした子のお世話をしてほしいですね。中学生や高校生がおもらししちゃうとうれしいです。
早穂ちゃんが、もう一度行くかどうかは定かではありませんが、
保健室側からの視点と言う所では、自分的には満足の行く出来ではなかったので、
またいずれやりたいと思っています。
その時は、中・高生のおもらしをメインにしたいかなと思います。
(今回は小学生がメインだったので)
  1. 2015/05/19(火) 03:07:00 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちわ。
あ、、サザエさん自空だったんですけ、まっっったく気がつきませんでしたw
でも笙湖ちゃんや彗ちゃんが卒業式や、入学式で新入生の前でおもらしするのを見たい気も・・・
それはさておき、

いや、良いと思います早穂ちゃんくらいおもらしに愛を持った子の方が。
それが若干(かなり?)欲望に満ちていたとしても。
こう思うのも小学生のころにクラスの子がおもらししたとき、
「保健の先生が嫌だからいきたくない!」って泣いた子がいました。
なので介護教諭に第一条件はおもらしに対する「愛」でしょう!

それと小学生2人がひとりで保健室に来たのに、
中学生の子が友達の付き添いだったのになんか萌えました。
  1. 2015/05/20(水) 17:18:06 |
  2. URL |
  3. たたら #v6O6VgHs
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たたらさん、こんにちは。

>でも笙湖ちゃんや彗ちゃんが卒業式や、入学式で新入生の前でおもらしするのを見たい気も・・・
入学式は、過去の話と言う事で、出来るかも知れません。
まだ何も考えてはいないですけど・・。

> いや、良いと思います早穂ちゃんくらいおもらしに愛を持った子の方が。
> それが若干(かなり?)欲望に満ちていたとしても。
> こう思うのも小学生のころにクラスの子がおもらししたとき、
> 「保健の先生が嫌だからいきたくない!」って泣いた子がいました。
> なので介護教諭に第一条件はおもらしに対する「愛」でしょう!
愛があり過ぎてとんでもない感じになってはいますが、
そう言って貰えると、早穂ちゃんも嬉しいと思います。
『保健の先生が嫌だからいきたくない』って言うのは面白い理由ですね。
そうは言っても、おもらししちゃった以上は行くしかないと思うのですけど(笑)
泣くほど嫌って・・、いったい何がそんなに嫌だったのでしょうね・・?

> それと小学生2人がひとりで保健室に来たのに、
> 中学生の子が友達の付き添いだったのになんか萌えました。
最初の子は、休み時間にトイレに入って、そこでやってしまって・・
休み時間中に出ると皆に見られてしまうので、チャイムが鳴るのを待って保健室に来たと言う流れです。
次の子は、授業中におもらしして、皆に馬鹿にされて・・・、その空気に耐え切れずに、
一人で飛び出して来たんです。
中学生は、羞恥心が小学生以上と言った所から、一人では行きづらくなってしまったと言う感じで。
何と言うか小学生位の方が思い切りが有るかなぁと思って、こんな感じになりました。
  1. 2015/05/21(木) 12:30:19 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。

華湖様、お久しぶりです。
前に夜中に起こして~の時に書き込ませていただきましたRINです。
私もたたらさんの言っている通りで、保健の先生には「愛」が必要だと思いますwそういう意味で早稲ちゃんは適任だと思います。ちょっと過ぎると問題ですけどもww

それというのも、私の低学年のころの保健の先生が問題でして、、、
おもらしした子を嫌がるんですよね・・・吐き戻しとか怪我とかも嫌がるので、保健室の仕事全般というか。。
よくそれでその道を選んだなぁと思うんですけど、特におもらしは嫌がってました。
なので、、私の担任の先生とは仲が悪くて(というか担任まったく信用しておらず)、担任の先生は教室に「保健室セット」を全部そろえていました。
おもらししたときの着替えととか、タオルとかも装備していて、おもらしが出ると空き教室をカーテンで仕切って着替えます。水道もあったので。
ここまで書けばお気づきかと思いますが、私も経験者・・・空き教室で担任の先生にやってもらいました。1、2年で1回づつあります。。。

2年生の時に保健室に行かされた隣のクラスの女の子が保健室にいったら、そのまま帰宅するようにいわれたらしく、でも恥ずかしく教室に戻れないのでトイレの前で泣いていた・・・なんてこともありました。
私のクラスの担任が空き教室に連れて入りました。
保健の先生にはまず優しさが必要ですね。あとはおもらしを嫌わないことでは必須条件です!
  1. 2015/05/24(日) 16:20:01 |
  2. URL |
  3. RIN #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

Re: お久しぶりです。

RINさん、お久しぶりです。

> それというのも、私の低学年のころの保健の先生が問題でして、、、
> おもらしした子を嫌がるんですよね・・・吐き戻しとか怪我とかも嫌がるので、保健室の仕事全般というか。。
> よくそれでその道を選んだなぁと思うんですけど、特におもらしは嫌がってました。
本当ですか!?衝撃的な保健の先生もいたものですね・・・。
それがあなたの仕事だろう!!と言いたくなりますね・・・。

> ここまで書けばお気づきかと思いますが、私も経験者・・・空き教室で担任の先生にやってもらいました。1、2年で1回づつあります。。。
RINさんも、学校おもらし経験者でしたか、自分もですが・・・、
何だろう・・やっぱり、おねしょの治りが遅い子は、学校おもらし率が高い気がしますね。
・・・と言う事は、自分が片想いしてた子も、おねしょ癖があったのかな??
気になって来ました。

> 2年生の時に保健室に行かされた隣のクラスの女の子が保健室にいったら、そのまま帰宅するようにいわれたらしく、でも恥ずかしく教室に戻れないのでトイレの前で泣いていた・・・なんてこともありました。
> 私のクラスの担任が空き教室に連れて入りました。
可哀想すぎます!!
おもらししただけでもショックなのに、そのまま放置されるなんて・・・、
その子、トラウマになっていなければ良いですね。
もう、RINさんの担任の先生が保健室の先生やれば良いのにって感じですねw

> 保健の先生にはまず優しさが必要ですね。あとはおもらしを嫌わないことでは必須条件です!
このような実体験を聞くと、そうだなと思いました。
早穂ちゃんは、全てを嫌がる保健の先生とは違う意味でやばい事になりそうですけど(笑)
おもらしを嫌がるようでは、保健の先生は失格ですね。
特に小学校に赴任する気なら尚更、おもらしが起こらない事なんかまず無いと思いますしね。
  1. 2015/05/24(日) 19:19:10 |
  2. URL |
  3. 華湖 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kakonoko.blog.fc2.com/tb.php/160-df973805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)