華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

愚かな私の体験談

授業中、おしっこを我慢しきれずにおもらしをしてしまい、
椅子の下に大きな水たまりを作って、周りのクラスメイトに囃し立てられて、泣きじゃくり、
先生等に連れられて、びしょびしょの下半身姿で、教室を後にする。

そんな恥ずかしい体験をしてしまったクラスメイトを、
小学校時代、私は何度も目撃してきました。
私自身も、これまで何度か、授業中、耐え切れない程の尿意に襲われた事がありましたが、
いずれも、おもらしなんてする事無く、耐え切ってきました。
だから、授業中に尿意に耐え切れなくなっておもらしするなんて・・、
情けない人達だなって思っていました。
普通は耐えられるよ、それが出来なくて、もらすなんて恥ずかしい人間だ・・って。

そう、私は、私に限っておもらしなんて恥ずかしい事をする筈が無いって、思っていたんです。

中学2年の1月の半ばのある日の事でした。
3時間目の授業中、私は耐え切れない程の尿意と久々に戦っていました。

c126a.jpg
(ああ・・こんな事なら、さっきの休み時間、さっさとトイレ行って置けば良かった・・)
軽く後悔をしつつ、私はさり気なく、スカートの上から股間を押さえて、おしっこを我慢しました。
でも、私はおもらししたらどうしよう・・なんて考えは全く持っていませんでした。
だって、授業終了までは残りたったの20分、終わったら今度は直ぐにトイレ行けば良いだけとしか思って無かったからです。
私がおもらしなんかする訳が無い、と言う根拠の無い自身があったのです。
これ位の我慢、今まで何十回と経験してきたし、いずれも問題無く、間に合って来たのですから。

でも、私に限ってとか、これまでは大丈夫だった・・・なんて、
何の根拠にもならないって、直ぐに思い知らされる事になってしまいました・・・。

授業終了まで残り12分・・・、それは突然やって来ました。

じょろ・・・・・・・

(・・・え!!)
突然、パンツに温かいものが広がって、それが肌に張り付くような感覚に襲われたのです。

(え・・・嘘!これってまさか!!!!!)
そう思った時には、既に遅かったのです。
私のおしっこの出る所からは、しゅうううううぅぅぅ~・・・・と言う音と共に、溜まっていたおしっこが勢いよく吹き出して、
みるみる内に、パンツとスカートを濡らしていき、椅子から床にパシャパシャ・・・・と言う音と共に落ちて広がって行きました。
寒い時期だった事もあり、おしっこからは湯気が立ち上っていました・・・。
おもらしだけでも恥ずかしいのに、そこから湯気が立ってるなんて・・・、本当に死ぬほど恥ずかしかったです・・・。
おもらしは1分程続きました、でも、始まってから10秒程して、床におしっこが落ちた音がし始めた頃には、
周りの皆は既に気が付いて、机を退けたり、ざわざわと騒ぎ始めていました。

私は、私だけはする筈が無いと思っていたおもらしを、してしまったのです。
限界が来れば、誰だっておもらしはしてしまうものなんだ・・・って、私は思い知らされました・・。

「う・・ひっく・・・う・・・」
余りの恥ずかしさに、自然と涙が溢れ出て来ました・・・・

おもらしってこんなに恥ずかしいんだ・・・。
どうしてこんな事になってしまったんだろう・・・。
ああ・・、お尻冷たいよう・・・
お願い!!皆見ないで!!!
明日からどうしよう、絶対に馬鹿にされるわ・・
色々な思いが頭を駆け巡り、気が変になりそうでした。

「うわぁ~きったねー」
「中学生にもなって・・」
「おい見ろよ!!湯気立ってるよ湯気!!」
「おしっこ漏れ子!!」
「ぷっ・・超ウケる!!」
周りの生徒が囃し立てます。
クラスメイトが同じような目に会ったのは何度も目の当たりにしてきましたが・・。
まさか自分が言われる側になる時が来るなんて・・・。

「やめなさいよ、可愛そうでしょ」
「今、この子がどういう気持ちでいるか分かってるの!!」
何人かの女子が、こんな事を言いました。
私もクラスメイトがしちゃった時に同じような事を言った事があります、
でも、今になってそんな無責任な事を言った自分自身を恥じました・・。

(何が可愛そうよ!!この女、そんな事全然思って無いくせに!!)
(あんたなんかに私が今どういう気持ちでいるか分かる訳無いじゃない!!)
って思ったから・・・。
囃し立てられるのと同じ位、私の心に深く突き刺さりました・・・。

更に・・・。
「もらす位我慢してたのなら、何でトイレ行きたいですって言わなかったんだ!?
幼稚園児や小学校低学年じゃないんだぞ!!来年受験生なんだぞ!!分かっているのか!!!お前は!!」
「・・・すみません」
下半身びしょ濡れのまま、その場で先生にこっぴどく叱られて、ますます心がズタズタになってしまいました。

「・・はぁ・・、保健室に行って、着替えて来なさい。女子の保健委員は付き添ってやれ」
一通り言い終えると、先生は、保健室へ行くように促しました。
すると直ぐに、つまらなそうな顔をした、保健委員の子が私の傍までやって来ました。

「えっと・・じゃあ・・い・・行こうか・・?」
保健委員の子に言われて立ち上がると。
スカートに溜まったおしっこが一気に床に落ちて、ピチャっと言う音と共に、床を跳ねて行きました。

「うわ・・、やだぁ・・・」
跳ねたおしっこが少し足に掛ったのでしょう、保健委員の子は、小声でつぶやくと舌打ちをして、
露骨に嫌な顔をしました。
そんな表情の一つ一つが私を追い詰めて行きました。

c126.jpg
立ち上がると、スカートの後ろ側は上着に届く程、かなり広範囲に渡っておしっこで濡れてしまっていました。
1分も続いたおもらしだったので、おしっこの水溜りも2メートル以上に渡る広大なものになっていました。

「おしっこ・・凄い量・・・」
保健委員の子は、また小さくつぶやきました。

保健室に着くと、お着替え中に、保健の先生は、
「女の子は中学生でも良くある事だから、気にしちゃだめよ」
「そうそう、聞いた話だと、この前他の学校で高校生が何人かテスト中におもらししちゃったって、
大きい方だった子もいたそうよ・・、あなただけじゃないんだから、しょげてちゃ駄目よ」

と、他の人の失敗談を上げて私の事を励ましてくれました。
けど、私がおもらしをした事実が消える訳では無いし、他の学校の話が本当かどうかなんて、
証拠が有る訳でもありません、先生には悪いけど何一つ気休めにはなりませんでした。

とても教室に戻る勇気は持てず、その日は、そのまま早退しました。
家でお母さんにおもらしした事を話し、お土産袋を差し出すと、そこでも私はこっぴどく叱られてしまいました。

c126b.jpg
「何で言わなかったの!!」
おもらし云々より、お母さんが言及したのはそこでした。

「我慢できると思ったから・・」
としか言えない私は、ここでも心に深い傷を負いました・・。
確かに言わなかったのは私の責任だし、何も良い訳出来ません・・。
でも・・せめて今日だけは、
「大変だったね」「かわいそうだね」
って言って欲しかったです。お母さんだけは私の味方で居て欲しかったのに・・。

翌日、勇気を出して登校すると・・・。
既に私に対する嫌がらせが始まっていました・・。
クラスメイトはもちろん、他のクラスの生徒でさえ、私を顔を見るなりニヤニヤ笑っていました。
私がおもらしをした事は1日で学校中に広まってしまったみたいです・・・。
私の机には『おもらし専用』という張り紙が貼られて、
クラスメイトからは『おしっこ漏れ子』と言うあだ名が付けられていました。
友達も、私とは距離を置いているような感じでした・・。
ある程度は覚悟していましたが、予想以上で悲しくなりました・・・。

翌日以降、とても学校に行く気持ちにはなれず。
私は、3年の秋を迎えるまで、学校に来ることは出来ませんでした。

私に限っておもらしなんかする訳が無い・・・。
そんな過信が生んだ、愚かな私の体験談です。



こんばんは、短く纏めるつもりがまた長くなってしまいました・・。
今回は過信が生んだ悲劇と言いますか、他人事だと思っていたおもらしが
いざ自分に降りかかった時、何を思うのかと言うのをテーマに綴ってみました。
後まぁ、今年も残り僅かと言う所で、1年の集大成と言うか、要素的にはいろいろと詰め込んであるつもりです(汗)

当ブログとしては今回珍しい点としては、
先生や付き添いの生徒、母親の態度が冷たいと言う所でしょうか?
笙湖に対する杏奈や、小鹿ちゃんに対する香織ちゃんが優しいので、
普通に嫌な人だっているだろと思ってこんな感じにしてみました。

ここまで長くなるとは思って無かったので、文に対して、絵が少ない気がしますけど・・。
ご要望があれば、応えられる範囲で追加して行きたいとは思っています。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます!

「ちょっと間に合わなかっただけ」
は、この会長の性格から言って、バレても強気できそうと思って生まれたセリフですね。
あのコマは自分的にもこの漫画で一番の見せコマと思って作ったので、嬉しく思います。

生徒会長と言う生徒の模範であるべき人間が、一番やってはいけない失態であるおもらしをすると言うのは
やはりギャップがあっていいものですよね。
生徒会長はベタすぎるかなと思ったのですけど、好評を頂けてとても嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/22(月) 17:15:29|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

おもらし生徒会長



sk01.jpg

sk02.jpg

sk03.jpg

sk04.jpg

sk05.jpg

sk06.jpg

sk07.jpg

sk08.jpg

sk09.jpg

sk10.jpg

sk11.jpg



お待たせしてしまい申し訳ありません。
(結局休日までかかってしまいました(汗))

前回の日記の予告通り、生徒会長のおもらし漫画を作ってみました。
今まで、気高く、プライドの高いタイプの女の子をおもらしさせた事が無かったので、
今回はそうしたタイプのキャラを描く事をテーマにしました。

おもらしがバレても、強がってみせると言う所が、今回の見せ場かなと思っています。
少しでも楽しんで頂ければ幸いです。

生徒会長のおもらしは、もう一つエピソードを考えています。
こちらも追々出来ればと思っています。出来たらまた漫画で(時間が掛ってしまうのですけど・・)

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます!
  1. 2014/12/07(日) 16:42:23|
  2. おもらし漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

次回予告的ストーリー

とある学校の生徒会室。

そこでは、ある事が議題に上げられていました・・・。

「次の議題は、特に1年生から複数の苦情が届いている事です。」

「1年生から、それは珍しいわね?一体何かしら?」
落ち着きのある声で、2年生の生徒会役員に言葉を返したのは、
生徒会長を務める3年生の女子生徒でした。
生徒会長の名に相応しく、凛々しく、しっかりしていて、全校生徒の鏡のような人物です。

「えっと・・ですね・・。少し特殊なお話ですが・・・」
「特殊?どう言う事かしら?」
生徒会長は首を傾げて、続きを促しました。

「同学年の、水出笙湖さんと、小堂彗さん、この2名が度々やってしまう・・
お・・おもらし・・を何とかして欲しい・・と・・」

「・・・なるほど、その事でしたか。私もこの2名の名前は何度か耳にした事があります。
それほど、皆さん気にしてるようには感じていませんけど・・」

「そう言う生徒もいますが、要は皆が皆、そうではないと言う事ですね・・」


「以下、寄せられた意見を読み上げます。」

『高校生にもなって、おもらしとかあり得ない、彼女らの周りは何か寛大な態度だけど、
私はそれすら異常に思える。どうにかして欲しい』
『シー子と小水は学校の恥』
『周りが甘やかし過ぎる!先生や生徒会がもっと厳しく取り締まるべきです』
『どうしても漏らすと言うのなら、2人だけ別に教室用意してそこで授業すればいい
おもらしされるのは迷惑です』
『会長どうにかして!!』

「似た様な意見は他にも多く寄せられています」

「そうですか・・。分かりました」
c124.jpg
「まぁ、これはおもらしをしてしまう、彼女達の方にこそ問題がありますから。来月の本格審議にかけましょう。」
生徒会長は即座に判断を下しました。

「別に教室を用意するか・・。おもらしにペナルティを課すか・・。
彼女達にも言い分は有るでしょうけど・・・って言っても、高校生にもなって
おもらしする人の気持ちなんか分かりませんし・・分かりたくもありませんけどね・・」


ところが1ヶ月後・・・。
そんな冷徹な決断を下した生徒会長が一変(笑)



「続いて、先月上がった議題の本格審議に入ります。
まずは、1年生の水出笙湖さんと、小堂彗さん、この2人のおもらしに対する対策ですが・・」

ビクッ!!

「おもら・・しっ!!」
生徒会長は『おもらし』と言う言葉に大きく動揺しました。

c125.jpg
「どうかしましたか?会長?」

「あ・・この前の2人の事ですね・・えっと・・この件は、き・・棄却します」

「え・・?」
この言葉に、2年生の生徒会役員は驚きました。

「ど・・どうなされたのですか?いきなり棄却と言われましても・・」

「いや・・だって・・、えっと・・。
か・・彼女達にも、お・・お・・お・・おも・・おもら・・しをしてしまう
やむにやまれぬ事情みたいなのが有るのよ・・き・・きっと・・うん!!」

「でも会長、この前は、おもらしする人の気持ちなんか分からない、分かりたくも無いって」

「はぅっ・・こ・・この前はこの前よ!!あなた、いちいち細かいわよ!」

「ですが、いきなり棄却では、意見を出してくれた生徒達を蔑ろに・・・」

「う・・うるさいわね!!棄却と言ったら棄却よ!!文句有るの!!」

「・・・まさか会長、おもらしする人の気持ち、分かってしまったのですか?」

「!!!!」

「そう言えばこの前、会長1人だけ不自然に帰宅してましたよね?まさか・・その時に・・・」

「そそそそそそ・・そんな訳無いでしょ!!
ば・・馬鹿な事言ってないで、次の議題よ!!次の議題!!」

最早バレバレな(笑)、生徒会長の失態は次回。

ご期待ください。



こんばんは。

次回は久々に短編漫画を上げようと思っています。
今回はそれの予告のようなお話です。

今回、笙湖ちゃん達に対して否定的な意見を出しましたが、
あくまでそれは少数派です。(一般的には逆でしょうが、そこはお話の世界なので(^^;;)
会長も意見を棄却した事で分かる通り、彼女達のあり方は今後も変わりません。

笙湖ちゃんにシー子(オモラシー子)と言うあだ名が付けられていると言う設定を
完全に忘れてましたが(笑)漫画を読み直したら思い出したので、久々に使って見ましたww

漫画はほぼ完成しているので、
今週中に上げられるように頑張ります。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます!
  1. 2014/12/01(月) 00:08:28|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2