華湖の湖~おもらし絵ブログ~

主に学校内でのおもらしを、自作絵やコミPo!を使って表現していくブログです。おもらしに興味のある方はもちろんの事、興味の無い方にも、こう言う性癖もあると言う事を理解してもらえたら嬉しく思う限りです。公開している絵に関しては、転載は止めて下さい。

おしがま対決後の璃燐ちゃん

おしがま勝負に敗れた璃燐ちゃんが、1ヶ月間オムツ一丁学校生活を始めてから2週間が経ちました。

璃燐ちゃんは、布団の中の不快な冷たさで目を覚まします。

c787.jpg
「またやっちゃった・・・、これで5日連続・・・」
この2週間で、璃燐ちゃんのおねしょの頻度は明らかに増加していました。
学校にいる間、常にオムツ一丁と言うのが、かなりストレスになっているのでしょう。

「あらあら璃燐ちゃんったら、またなの?」
お母さんも心配そうです。

「ママ、ごめんなさい」

「ねぇ璃燐ちゃん、やっぱりねんねの時も紙オムツ当てた方が良いんじゃないかな?この前だってそうしてたし」

「嫌!!もう絶対に嫌っ!!
私、外にいる間ずっと赤ちゃんみたいに紙オムツなんだよ、家に居る時くらいパンツ穿きたいもん!!」

「でも毎日これだと、お布団がね」

「嫌ったら嫌、これ以上言うなら璃燐、ママとお話してあげないから!!」
全力で否定する璃燐ちゃんに、お母さんはこれ以上は言えません。

「わかったわ、取りあえず一緒にお風呂入ろうね」

「・・・うん」
璃燐ちゃんは、お母さんと2人でお風呂に向かいました。



「璃燐ちゃ~んwwもう皆来てるよ~ww」
お風呂から上がると、外から声が聞こえて来ました。
声の主は、通学班が同じクラスメイトの女子です。

「お友達が呼んでるから、急いでオムツ穿こうね」

「・・・・」
勿論その子は友達なんかじゃありません。



c788.jpg
「良し、ちゃんとオムツ一丁で来たわね」
通学班が同じなので、璃燐ちゃんがちゃんと紙オムツ一丁で家を出たか、確認役を務めているのです。

「今日も帰る頃にはタプタプにしてあげるからねwwクスクスww」

「・・・・」



「オムツ女が来たぞーww」
「今日もオムツ一丁ねww」
「おっきい赤ちゃんだな~ww」
璃燐ちゃんが教室に入るやいなや、あちこちから冷やかしの声が上がります。
でももう慣れたもの、璃燐ちゃんは気にも留めずに自分の机へと向かいます。

「おいおい無視すんなよ、オムツ姫ww」
「こっち向いてよ、おもらし璃燐ちゃ~んww」
冷やかしの中心になっているのは枝木一真と関山成哉の2人です。

「最近暑くなって来たし、下半身下着一枚は涼しくていいよな~wwう~らや~まし~ww」
「確かにな~wwでも、下着って言っても紙オムツだけどな~ww」

c789.jpg
「・・・なら、あんた達も同じ恰好すれば」
流石にイラッときた璃燐ちゃんは、殺気に満ちた鋭い眼光を2人に向けました。

「いやいや~、遠慮しときますww」
「紙オムツ一丁は、5年にもなって3回以上おもらししてしまう、水滝様専用の神聖なお召し物ですしww」
「紙オムツにも、りりんちゃん専用って書いてありますしww」
2人の返しに、周りからクスクスと笑い声が上がります。

「・・・ふんっ!!」
璃燐ちゃんはそれ以上構わず、自分の椅子に座りました。



その後の璃燐ちゃんは、ひたすら嫌がらせに耐えて過ごしました。

1、2時間目を終えて、3時間目は体育です。
体育でも、勿論下はオムツ一丁です。
その授業の終わり、璃燐ちゃんは外の水飲み場で強制的に水をがぶ飲みさせられました。

「沢山動いて喉渇いたろ、ほら、どんどん飲めよ!!」

「これ以上飲めないわよ!!」

「いいからいいから、はい後ごっくん20回~ww」

「嫌っ!!そんなに飲んだら・・・、おしっこが・・・」
璃燐ちゃんの周りにはクラスメイト総勢10人が囲んでいて逃げ場は無く、嫌でも飲むしかありません。
その結果、お腹がパンパンになるまで水を飲むことになってしまいました。

そして結局、4時間目に・・・・。



c791.jpg
モコモコモコモコモコ・・・・

(膨らんできた、膨らんできたww)
(お知らせサイン真っ青~ww)
(やりやがった~)
クラスメイト達は、璃燐ちゃんのオムツおもらしに勝ち誇った顔をしました。

「先生ー、水滝さんオムツにおもらししちゃったみたいなので、保健室に連れて行きます」
その後、狙い済ましたかのように保健委員の女子がそう告げると、
紙オムツをタプタプにした璃燐ちゃんを立たせて保健室に連れて行きました。

「交換したオムツも私達が直ぐにタプタプにしてあげるからねwwクスクスww」
廊下を歩きながら、保健委員の女子は悪戯っぽく笑いながら璃燐ちゃんに言いました。

保健委員の女子の言葉通り、紙オムツ交換後もクラスメイトの嫌がらせは続き、
放課後には再び璃燐ちゃんの穿いた紙オムツはタプタプになってしまいました。



c792.jpg
「先生、お願い・・・、もう1枚・・・もう1枚だけ」

「駄目駄目、交換は1日1回までよ、そこの張り紙にも書いてあるでしょ」
先生が張り紙を指さします。
以前は璃燐ちゃんを含めて4人の名前が書いてありましたが、今では5年生の璃燐ちゃん1人だけです。

「それ、恥ずかしいから外してよ!!」

「後2週間したら外すわよ、次またおもらししちゃうまではね」

「次なんかないもん!!」
その後、結局いくら言っても先生は替えの紙オムツを出してはくれず、
璃燐ちゃんはタプタプ紙オムツ一丁で、時折おしっこをオムツの外に溢しながら家までの道を歩く事になりました。



c793.jpg
(今に見てなさい!!アイツら全員、私と同じ目に合わせてやる!!必ずよ!!!必ずっ!!!!)
血が出る程強く唇を噛みしめた璃燐ちゃんは、復讐の炎を深く燃え上がらせるのでした。



こんばんは。

今回はおしがま対決に敗れた後の璃燐ちゃんを描いてみました。
璃燐ちゃんにとっては辛すぎる学校生活ですが、
やはり今どきの魔法少女たるもの、不幸でなくてはならないですからね(笑)
きっといつか、やり返す時が来ると思います。

・・・多分(^^;

話は変わりまして、おもらしと関係ない事なのですが一応。
2次創作やオリジナル健全絵を上げる場所として、Raiotを利用する事にしました。
pixivと似たような感じのイラスト投稿サイトです。
pixivがおもらし絵専用に対して、こちらは健全絵専用にしようと思ってます。
もし興味があれば覗いて見て下さい。
ただ登録制なので登録しないとですが。

https://raiot.net/csr36467
そこでは『湖渇』と言う名で活動していこうと思います。
湖が枯れる・・・、つまりはおしっこが無いと言う意味ですww

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。
  1. 2019/05/12(日) 20:17:16|
  2. オムツ絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

元号が変わり、GWが明けて


こんばんは。
最大10連休と言うGWが明けましたが、皆さんは如何お過ごしでしたでしょうか?

自分は流石に10連休とは行きませんでしたが、それなりに休む事が出来たので、
久々に大阪遠征に行ったり、映画見たり、最近覚えたダーツ等をやったりしました。

自前絵や、当ブログの活動はと言うと・・・、
全くやれませんでした・・・・。○| ̄|_

本当に申し訳ありません。

大阪遠征は、実の所数ヶ月前から計画していたので予定の範囲内だったのですが、
それ以外の予定がポンポン入ってしまって、結局連休中、暇な日が2日しかありませんでした。
その2日を当てれば良かったのですが、いずれも前日の疲れが抜けずにひたすら寝て終わると言う、
しょうもない時間の使い方をしてしまいました・・・。(しかも今度は寝過ぎで腰が痛くなると言う・・・)
以前は翌日に疲れなんか持ち越さなかったんだけどな・・・、もう若くないって事ですよね~・゚・(つД`)・゚・

って、ただの良い訳なのでこれまで。
やらなかった自分が悪いのだから、終わった事より先の事です。



・・・で、今回ですが。
まぁ、連休の報告を兼ねた間に合わせである事は、既にお察しだとは思います。(笑)

連休中の高速のパーキングエリア、道だけではなく当然トイレも大渋滞。
もじもじしながら長いトイレ待ちの列に並ぶ少女達と、我慢しきれずに敗北した少女2人の図です。
あれ?敗北者は3人かな?ww

高速の渋滞と聞くと、車内での我慢やおもらし、
パーキングエリアの長いトイレ待ちの列と言うのが頭に浮かんでしまいます。
高速に限らず、今年のGWは何処も込んでたみたいなので、女子トイレは何処も大行列だったのではないかと思います。
何人かは実際におもらししちゃったりしてるのではないかなぁ・・・。
もしくは、予防策として最初から紙オムツで家を出たりとか・・・。



元号が変わりましたが、当ブログは特に変わる事なく、今まで通りのペースで行こうと思います。
引き続き見て頂けるように、今後も頑張ります。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。
  1. 2019/05/07(火) 21:05:17|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お花見で

4月上旬の日曜日、1年生仲良し6人組は近くの公園でお花見をする事にしました。

「良し、後は園ちゃんが来るのを待つだけね」
10人は入れる大きなビニールシートの上に、風ちゃんは豪華な重箱を置きました。

「うわぁ、凄いですね。
これ、おや・・・、風ちゃんが作ったのですか?」

「うん・・・、って言いたい所だけど違うの。
この前同好会で、お花見する事を話したら、泉田先輩が『お弁当作らせて欲しい』って言ってね。
それでわざわざ、今朝、家の前まで持って来てくれたの」
風ちゃんは、れい子ちゃんの質問に答えます。

「先輩、凄いわねぇ・・・」
杏奈ちゃんも、目をまんまるにして驚きます。

「料理同好会の次期会長候補だしね。
後、この前お世話してくれた園ちゃんに対してのお礼の意味もあるみたい」

「そうなんだぁ、所で園ちゃんの部活は何時ごろ終わるのかなぁ・・・」
笙湖ちゃんは、スマホを取り出して時間を確認しました。

ソフトボール部に所属する園ちゃんは、土日も基本練習で休みがありません。
ただ、今日は日曜なので練習自体は午前中で終わりです。

「練習試合の流れにもよるけど、お昼過ぎには来れるって話だよ」

「それじゃあ、後1時間とちょっとだね」
笙湖ちゃんが言った直後、ノコノコと重箱の近くに彗ちゃんがやって来ました。

「もう我慢できないー、ねぇ先に食べてようよー、もうお腹ペコペコー」
そう言って彗ちゃんは、重箱に手を伸ばしますが・・・。

バシッ!!
杏奈ちゃんが、すかさずその手を軽くはたきました。

「痛ったーっ」

「あんた、風奏の話聞いてないの?
良波にお礼の意味を込めてるって言ってるでしょ、後1時間位我慢しなさい!!」

「えー、いけずー」

「我慢できないと言えば、あんた達、おトイレの方は大丈夫なの?
これからどんどん混むから、今の内に行っておきなさいよ」
杏奈ちゃんは、笙湖ちゃん、れい子ちゃん、彗ちゃんを順番に見ながら言いました。

「一応さっき行ったし」
「今の所大丈夫です」
「今はしたくなーい」

「そう、でもしたくなったら直ぐ行くのよ」
それから5人は、部活終了後に直でこちらに向かう予定の園ちゃんの到着を待ちました。



2時間後・・・・。
到着予定時刻を1時間過ぎてますが、園ちゃんはまだ来ていません。

「・・・遅いですね」
れい子ちゃんがスマホで時間を確認しながら言いました。

「試合長引いてるのかな?」
風ちゃんも少し不安そうです。

「あーもう我慢できないー」
彗ちゃんも不満の声を上げます。

「だから、我慢しなさいって・・・。
・・・所であんた達、おトイレの方は?」
杏奈ちゃんの質問に3人は。

「えっと・・・」
もじもじ・・・

「ちょっと・・・」
そわそわ・・・

「うーん」
クネクネ・・・
4月とは言え、まだまだ冷え込む外の陽気のせいか、
3人の尿意は2時間で結構不味い状態に陥っていました。

「明らかに我慢してるじゃないの!!
早く行って来なさい!!」

「えー、でもなんか混んできたし、きっとトイレもー」

「だから、空いてる内に言っておきなさいってー・・・」
杏奈ちゃんが小言を言い出した直後・・・。

「あ・・・っ、もう無理・・」
シュィィイイイイイイイ~~~・・・・
彗ちゃんの下半身から、小さな音が聞こえると、直ぐに黄金の液体がビニールシートの上に流れて行きました。
彗ちゃんは、おしっこをもらしてしまったのです。

「おしっこもらしちゃった」

「あっ!!」
ショァオアアアアァァァアァァ~~~・・・

「・・・んぅ~!!」
ショォォォォォォオオオ~~~~・・・・

c781.jpg
彗ちゃんにつられて、笙湖ちゃんとれい子ちゃんもおもらしをしてしまいました。
ビニールシートを敷いた部分の丁度真ん中がくぼみになっているのか、
3人の出したおしっこは、ビニールシートの中心に集まって混ざり合い、おっきな湖を作り出して行きました。

「おおー、笙湖ちゃんとれい子ちゃんのおしっこと合流したー」

「関心してる場合かーっ!!何やってるのよこんな所で!!」
怒る杏奈ちゃんを風ちゃんがそっと制しました。

「まぁまぁ、杏奈ちゃん落ち着いて・・・。
しちゃったものは仕方が無いとして、これからどうするか考えないと・・・。
お着替えとか、私も流石に用意してないし・・・」

「フフフ・・・」
困る風ちゃんを前にして、彗ちゃんが不敵な笑みを浮かべました。

「こんな事もあろうかと」
そう言うと彗ちゃんは、
余りの恥ずかしさに下を向いて泣いている笙湖ちゃんとれい子ちゃんの肩を軽く叩いた後、
持参した紙袋を手に持って言いました。

c782.jpg
「持って来ましたー、お着替えセットー!!」



おもらし3人娘のおもらしから30分後・・・。

c783b.jpg
「3人が見慣れた格好してる・・・・」
長引いた部活を終えてやって来た園ちゃんが、3人娘を見て言いました。

「園ちゃん、やっと来たー」
多くの人が集まる公園で、恥ずかしい恰好になってしまって、
笙湖ちゃんとれい子ちゃんは顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしていますが、
彗ちゃんは、相変わらずです(笑)

「その・・・、私を待ってる間に、しちゃったの?」
園ちゃんは少し申し訳なさそうに言いました。

「うん、でも家から明日返す予定だったブルマ3枚持って来たから、後パンツもー」

「そう言えば、先週3日連続でしてたもんね(全部英語の授業中に)
ごめん、私が遅れたせいで・・・」

「そんな事はいいからさ、早く始めようよー、私お腹ペコペコで倒れそう」
彗ちゃんの手が再び重箱に向かいましたが、またしても杏奈ちゃんに叩かれました。

「そうそう、気にしないで、それよりこのお弁当、
泉田先輩が園ちゃんに、この前のお世話のお礼だって言ってたから・・・」

「泉田先輩が・・・・、わ・・・わわ、私に・・・・」
風ちゃんの話に、園ちゃんは胸の鼓動が激しくなりました。

「泉田先輩が、私の為に・・・、私の・・・・・」

c785.jpg
「わーーっ!!園ちゃん!!!鼻血鼻血!!!」
その後、お花見は何事も無く無事に終了しました。



おまけ

c784.jpg
プシャァアアアアァァァァァァ~~~~~・・・・

「あ・・・、またおしっこもらしちゃった」
帰り道、本日2度目のおもらしをしてしまう彗ちゃん。



こんばんは。

ちょっと時期が過ぎてしまいましたが、お花見のお話をお送りしました。
1年生おもらし3人娘のおしっこが1つに集まると言うのは以前からやりたくて、
オモオモパニックの更新が間に合わない時用にと、少し前に今回の1枚目の絵を作りました。
でも、途中で1枚絵だけで更新するのは勿体ないと思い始めて、オモオモパニックが終わるまで持ち越す事にしました。
その結果、少し時季外れになってしまいました。

ミュージシャンの世界で言うと、シングルのカップリングとか、アルバム用に作った曲が、
出来が良くて、シングルとして出したくなったみたいな感じですかね。
某紳士少年達の曲にも似た経緯でシングルになったものがありますし、こういう事って割とありますよね。

小鹿ちゃんにときめく、園ちゃんが結構お気に入りです。
女の子同志って良いですよね~~。
尊い~~~。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。
  1. 2019/04/22(月) 19:05:07|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

おさらい その1

c752.jpg
こんばんは。

屈辱の湖さんから頂いた、
『もう誰が誰やら分かっていない人も多いかと思います』
と言うコメントを受けて、それは不味いと思いまして、これから少しずつこれまでのおさらいをして行こうと思います。



当ブログのコミPo!挿絵によるSS中心の物語の始まりは、
笙湖ちゃんと杏奈ちゃんが出会う事で始まりました。(正確には出会って暫くしてからの話が最初ですが)
と言うよりこの2人しかいませんでした。
最初の漫画を終えた当初は、第2話~第3話の構想があったっぽいですが(自分の事なのに覚えてない(^^;)
それは実現することなく、その後は、わざおも(わざとおもらし)担当として早穂ちゃんと、
おねしょ担当として『姉』が登場する事になりました。
っと言う訳で、初期段階では4人でした。
(各キャラクターの詳細は、左のメニューから各キャラのページを見て下さい)

水出笙湖(笙湖ちゃん)・・・物語の主人公・おもらし、おねしょ担当
清白杏奈(杏奈ちゃん)・・・笙湖ちゃんの友達・お世話担当
宝蔵院早穂(早穂ちゃん)・・・わざおも担当
おねしょが治らない姉・・・おねしょ担当

初期段階では、各自役割が明確に分かれていて、
それぞれが交わる事なく個別に話が進んでいました。

っと言う事で今回はここまでです。
また次の機会がありましたら、続きを書こうと思います。



オモオモパニック  ~お着替え編~は、現在鋭意執筆中です。
皆様からコメントを頂いた組み合わせを中心に、おもらしっ娘とお世話係を絡ませる予定ですので、もう暫くお待ちください。
久々にがっつり文章を入れるので、遅いかも知れません。
それに加えて、今はとにかく絵が描きたい病を患っているので(笑)。
次は波留名ちゃんを描こうか・・・、それともオムツを描こうか・・・。
2次創作では、某田舎日常アニメのこまい子を描きたいなぁとか、考えてます。
自分の2次創作絵が見たいと言う方はリンクから『自前絵練習場』を除いて見て下さい。
(2次創作ではおもらし絵は描かないので、その辺は悪しからず)

久し振りにpixivにおもらし絵を投稿したので、アカウントをお持ちの方は是非見て下さい。
お着替えや、お着替え後の絵って少ないなぁ、おもらし絵師さん達にもっと描いて欲しいですね。
・・・と言う事で、まずは率先して自分がと言う感じです。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。
  1. 2019/03/17(日) 19:32:17|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

れい子ちゃんとインフルエンザ

この冬、猛威を振るうインフルエンザ。

れい子ちゃんはものの見事にかかってしまい、昨日から学校をお休み中です。

c735.jpg
「う・・・、うう~~・・、おトイレ・・・・」
お昼過ぎ、れい子ちゃんはおしっこがしたくなり、フラフラの状態で何とかベットから起き上がろうとします。
ですが、それがなかなか出来ません。

(ううぅ・・・頭ぼーっとするぅ・・・、体の節々が痛い・・・、辛いよう・・・)
それでも時間を掛けて、何とかベットから抜け出したれい子ちゃん。
立ち上がる事もしんどいので、四つん這いの状態で部屋を出ました。

「はぁう!!おしっこ・・・・、もれ・・・そ」
思った以上に尿意も緊迫していました。

(ちょっと一人じゃ無理・・・、お母さんに手伝って貰おう・・・)
最悪の状態(おもらし)が頭を過ったれい子ちゃんは、お母さんの助けを呼ぶことにしました。

「お母さん!!お母さん!!ねぇ、ちょっと来て!!ねぇ~!!」
ですが悲しい事に、れい子ちゃんがいくら呼んでもお母さんは来てくれませんでした。

(結構大きな声出してるけどなぁ・・・、私ってそんなに存在感無いかなぁ・・・・)
れい子ちゃんは、思わずため息をつきました。
これでは、気づいてくれた頃には、おしっこの水溜りを形成していると判断したれい子ちゃんは、
お母さんを呼ぶのを諦めて、自力でトイレまで向かう事にしました。

c736.jpg
(そんなに距離はないもの・・・、行ける!!頑張れ私!!!)
れい子ちゃんは、フラフラしながら四つん這いで、ゆっくりとトイレに向けて歩みを進めて行きました。

(あと少し・・・、あと少しだから・・・・)
そして、何とかトイレの前までやって来ました。

・・・・・ですが。

「あ・・・だめ!!だめぇ~~~~っ!!!」

c737.jpg
ショオォォオオォォォォォオォ~~~~・・・・・

れい子ちゃんの我慢もそこまででした。
トイレのドアの前には、みるみるうちに恥ずかしい水溜りが形成されて行きました。
れい子ちゃんの穿いていたズボンも、後ろ側を中心におしっこでビッショビショに濡れてしまいました。
勿論、パンツも壊滅的な状態です。

「はうぅ・・・、おしっこもらしちゃった、足冷たい・・・・」
お母さんがやって来たのは、れい子ちゃんがおもらしをしてから5分後の事でした。

「お・・・、遅いよお母さん、・・・・・ヘックシュン!!!」



c738.jpg
「またものの見事にやらかしたものねぇ・・・、パンツもズボンもビッショビショ・・・」
濡れたズボンとパンツを手にしたお母さんが、ため息交じりに言いました。

「辛かったんなら、どうして言わなかったの?」

「言ったよ~、何度も何度も、お母さん全然気づいてくれないんだもん」

「そうだったの?ごめんなさいね、れい子ちゃん全然存在感が無いから、何だか気づかないのよね」
軽いノリで言うお母さんに、れい子ちゃんは不満そうな表情を見せました。

「それ、実の娘に言うセリフ?酷いよもう・・・」

「取りあえず、新しいパンツとズボン穿いちゃいなさいよ、いつまでスッポンポンでいる気?」

「・・・・むぅ~~」
新しいパンツに足を通しながら、れい子ちゃんは、
親にすら気づかれない程の極薄な存在感をどうにかしないと、と改めて思いました。



こんばんは、今回は存在感の無さを売りにしている(笑)れい子ちゃんです。
とは言いつつも昔に比べれば出番が増えて、当ブログ的には存在感を増しているのですけどね。

今回はインフルエンザのお話でしたが、
実は自分が2週間ほど前に掛かってしまいまして、暫くかなりシンドイ思いをしてました。
10年以上振りだったので、シンドさを忘れていましたが、かなりのものでしたね。
本当トイレに行くのも相当辛かったので、
コレは普通に間に合わない人絶対いるわと思って今回の話を考えました。

女性の一人暮らしでインフルエンザにかかったら、
恐らく、その内の数パーセントは今回のれい子ちゃんみたく間に合わずにおもらししていると思います。
いや、コレは多分間違いない!!(笑)
本当に起き上がれない程シンドイし。
まぁ、女性に限らず男もだろうけど・・・・、男は取りあえず置いておこう。

話は変わって、最近は再び絵を描く事に熱中し始めた為、ここでの長文作の時間が取れてない感じになっています。
でも上げたいとは思っていて、一応今日から、再来週くらいには上げられるように準備はしますが、どうなるか微妙な所です。
暫くは今回みたいな短編作が続くかも知れませんが、ご了承下さい。
pixivにも今月中に1枚絵を上げれるように頑張ります。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。
  1. 2019/02/03(日) 12:17:24|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

余った制服が勿体無い!!

学校の制服が新しくなって、数カ月が過ぎたある日の休日。

(旧制服は、記念にしまっておくだけ!?・・・否!!断じて否!!)

「おもらし遊びに使わないと勿体無いでしょ~が~!!!」
そう高らかに宣言するのは、おもらし大好き少女、早穂ちゃんです。

(・・・っていけない、また思った事が声に出ちゃった)

(っと言う訳で早速)
自室で旧制服を見に纏った早穂ちゃん。
朝から紅茶とコーヒーをがぶ飲みしつつ、一切トイレに行っていないので、既に準備万端です。



「せ・・・先生、あの、おしっこがしたいのですが」
早穂ちゃんは、授業中におしっこがしたくなり、それを先生に報告するも、トイレに行かせて貰えなくて・・・。
っと言う妄想を始めました。

「そんな・・・、お願いします!!もう、もれちゃ・・・・、あっ!!」

c731.jpg
ショワアァアアア~~~~・・・・
パチャパチャパチャ・・・・・・・・・
もともと限界ギリギリだった早穂ちゃんは、妄想も束の間、あっけなくおもらししてしまいました。

「はぁ~~、おしっこもらしちゃったぁ~~、えへへ・・・」

『早穂~・・・、またおもらししたの~』
早速幻影の理恵ちゃんが現れて、早穂ちゃんを馬鹿にします。

「うう~、ごめん理恵ちゃん」

『ちょっとそこに座りなさい』
理恵ちゃんは、早穂ちゃんをその場に座らせました。

c732.jpg
『これは何?』
理恵ちゃんは、床に広がる恥ずかしい水溜りを指さして言います。

「おしっこです」

『おしっこです、じゃないでしょ!!
トイレ行きたないならもっと早く言いなよ!!』

「ごめんなさい」

『恥ずかしくないの?高校3年生にもなって』

「気持ちいいです」

『・・・呆れた、本当どうしようもない変態だね、早穂は』

「ごめん、理恵ちゃん」

『反省の色が見えない早穂にはコレがお似合いよ!!早く着替えて来なさい』

「うん」
早穂ちゃんは立ち上がると、お着替えを始めました。



c733.jpg
(おもらしした娘の替えパンツって言ったらコレよね、保健室パンツ!!)
早穂ちゃんは恥ずかしいパンツに履き替えた自分の姿を見てうっとりしています。

(無地に大きく保健室のマークが、みっともなさを増長させるわね~、えへへ・・・、まぁ、マジックで自分で書いたんだけど)

(さて、この上に着るのはどうしようかなぁ~・・・、えへへ・・・)



c734.jpg
(やっぱり、定番のブルマーにお土産袋)

(タオル腰巻スタイルもなかなか)
おもらし後のお着替えも存分に楽しんだ早穂ちゃん。

最後の最後は、勿論。

「あ・・はぁ・・・、んっ・・・、はぁん・・・、いや・・・、あぅ・・・、イっ・・・・・ちゃ・・・」

(*^^*)



こんばんは。

今回はかなり久々に、早穂ちゃんのおもらし遊びな日常をお送りしました。
昨年末、早穂ちゃんの少し大きな話を予告してましたが、
ちょっと話が纏まらないので、取りあえず中止とさせて下さい。(長編の予定とは別のものです)
旧制服で色々とやろうと思ってはいたのですが、また時期をみて考えます。

今月は、ちょっと別の事に気を取られたりとか、他にも色々あり、
当ブログの活動がおろそかになってしまいましたが、少しずつペースを戻して頑張ろうと思います。

次回はれい子ちゃんです。

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。
  1. 2019/01/27(日) 18:40:12|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おもら始業式

冬休みが明けて、今日から新学期です。
笙湖ちゃん達が通う学校でも始業式が行われました。

『続きまして、生徒会長より、新年と新学期の挨拶です。
生徒会長、神前知才子さん、お願いします』

c723.jpg
「会長出番ですよ」

「いやあの・・・その、武石さん、私ちょっと、おし・・、おトイレに行きたくなってきて・・・」

「何を言ってるんですか、直ぐ終わりますから我慢して下さい」

「む・・・無理、もれちゃ・・・」

「そもそも始業式が始まる前に、トイレは済ませておくものですよ、
全校生徒の模範たるべき生徒会長が、その程度の事も出来ないようでは・・・・クドクド

「も・・・もういいわよ!!」
武石さんのいつものお説教が始まった所で、会長は諦めてステージ中央に向かいました。

c724.jpg
「え・・・えーと、新年あけまして、お・・・おめで・・・ござ・・・」
ステージに立つと、冬の寒さに緊張が加わって、余計に尿意が強まって行きました。

「イノシシ・・・と言えば、その鍋・・・です・・・かね~・・・、
ぼたんと言っても、制服の・・・ボタンとは違うような、ち・・・違わないような~・・・」

(ああ、おしっこしたくて、自分でも何言ってんのか分からなくなって来た・・・)

「ドド・・・ドスファンゴーって・・・・、かか・・・感じ・・・です・・・か?」

(うう~、もうだめぇ・・・!!)
会長が必死になっている時。

「うわっ!!」
「きゃっ!!」
「ちょっ!!量多過ぎ!!!」
「温泉が!!温泉が湧いたーっ!!」
1年生と2年生の列のそれぞれから、悲鳴のような声が聞こえて来ました。

(な・・・何?)
会長が声のした方を見てみると・・・。

c725.jpg
「あぁうあぅぅ~~・・・」

「ちょっ!!笙湖!!トイレならそう言いなさいよ!!」

「先生ー、水出さんがー・・・」

c726b.jpg
「・・・・・・(・_・、)」

「・・・・・・」

「莉穂ちゃん!!」

「先生ー、西谷さんがー・・・」

「莉穂ちゃん、大丈夫だからね~、保健室行こうね」

c727.jpg
(あの娘達、あんなに沢山おしっこして・・・、わ・・・私も、もう・・・・)
笙湖ちゃんと莉穂ちゃんのおもらしを目の当たりにした会長は、おしっこ我慢の緊張の糸が切れてしまいました。

そして・・・。

しゅゅぅうぅぅぅぅぅぅ~~~~・・・・
その場で紙オムツの中に、溜まりに溜まったおしっこを放出してしまいました。

c728.jpg
「はぁぁぁぁ・・・」

「なんか会長ぼーっとしてない?」
「あれってまさか・・・」
「したな・・・・」
「会長もやったかー・・・」
「気持ち良さそう」

体育館には、おもらしをした3人の少女の姿がありました。



おまけ
『その後の3人』

c729.jpg

c730.jpg



こんばんは。
約半月ぶりになってしまいましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

自分は新年が始まってから部屋の掃除を始めて、それが意外と長く掛かったり、
その後は、某吸血鬼日常アニメ、某田舎日常アニメと立て続けにハマった関係で、余りブログの活動が出来ませんでした。
今回文章が適当なのもそのせいです(^^;(でもこの位の方がいいのかな???)

いやぁ、やっぱり日常系アニメっていいっすね~。
色々とこう、ここでの作品作りのヒントにもなると言うか・・・。
前に絵を添削して貰った時にも、もっと多くの作品に触れるべきと指摘されましたし、
アニメ視聴は趣味の一つなので、今後も自分のペースで色々と触れて行きたいなーと思います。

今回は新年一発目と言う事で、やっぱり先頭バッターはセンターの笙湖ちゃんに努めて貰いました。
会長、莉穂ちゃんと、各学年のエースもつぎ込んで(笑)なかなか豪華になったかなと思います。
最後は目標にも掲げてる『縦の関係の拡張』と言う事で、笙湖ちゃんと莉穂ちゃんを初顔合わせさせて見ました。
そもそも今まで、学校おもらししまくってるのに保健室で鉢合わせしなかった事の方がおかしい訳で・・・。
今後どうなるかは、自分も何となく流れに身を任せてみようかな~っと思います。(つまりは行き当たりバッタリww)

前回の日記に拍手を頂きました。
ありがとうございます。
  1. 2019/01/13(日) 14:32:53|
  2. おもらし絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ